全3791文字
PR

 「PoE(Power over Ethernet)」はLANケーブルを使ってネットワーク機器に電力を供給する技術。LANケーブルだけでデータ通信と給電が可能で、ACアダプターや電源ケーブルが要らなくなる。無線LANアクセスポイントの高速化や4K対応ネットワークカメラの高精細化などに対応した新規格「IEEE 802.3bt」も登場した。PoEの仕組みや企業での導入・運用のポイントなどを徹底解説する。

 最初のPoE規格は2003年に策定されたIEEE 802.3afである。最大給電電力は15.4W、最大受電電力は12.95W。給電電力より受電電力が低いのは、LANケーブルの心線の導体に抵抗があるため、電力が消費されるからだ。

PoE規格の概要
PoE規格の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年に策定されたIEEE 802.3atは最大給電電力は30W、最大受電電力は25.5Wである。

 2018年に策定された最新のIEEE 802.3btは、最大給電電力が90W、最大受電電力が71.3Wである。

重要な「クラス」と「タイプ」

 802.3btでは、給電あるいは受電できる最大電力は「クラス」として定義されている。クラスは0から8まで9種類ある。ただし、クラス0とクラス3は同じ値である。クラス1の4Wからクラス8の90Wまで、クラスの数字が大きくなるほど電力も大きくなる。

IEEE 802.3btで規定されている「クラス」と「タイプ」
IEEE 802.3btで規定されている「クラス」と「タイプ」
[画像のクリックで拡大表示]

 PoEでもう1つ重要なパラメーターが「タイプ」である。

 802.3btでは、既存の802.3afや802.3atに対して下位互換性を保つため、これらの仕様を包含する形で仕様が決められている。これらの仕様や、新たに802.3btで追加された仕様を区別するためにタイプが使われる。

 タイプは全部で4種類ある。タイプ1は802.3afの仕様を指し、対応するクラスは0~3。タイプ2は802.3atの仕様に相当し、対応するクラスは0~4である。

 タイプ3とタイプ4は802.3btで新たに追加されたタイプだ。タイプ3が対応するクラスは1~6、タイプ4が対応するクラスは7~8である。

電力の送り方は2種類

 給電機器から受電機器に対し、LANケーブルをどのように使って電力を送るのか見てみよう。

 LANケーブルで電気信号を通すのは8本の心線である。心線は2本ずつより合わせて1対の「より対線」を作っており、全部で4対あることになる。

 802.3afおよび802.3atでは、2対のより対線を電力供給に使う。PoEでは直流電力を送るので、電流の行きと帰りに1対ずつ使うわけだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料