全2111文字
PR
無料セミナー
接触確認アプリ、本当に使う?~公益のための個人データ活用とは 6/8 18時

 「PoE(Power over Ethernet)」はLANケーブルを使ってネットワーク機器に電力を供給する技術。LANケーブルだけでデータ通信と給電が可能で、ACアダプターや電源ケーブルが要らなくなる。無線LANアクセスポイントの高速化や4K対応ネットワークカメラの高精細化などに対応した新規格「IEEE 802.3bt」も登場した。PoEの仕組みや企業での導入・運用のポイントなどを徹底解説する。

 まずはPoE対応機器の接続構成を確認しよう。機器のつなぎ方は、PoEを導入する際の重要なポイントになる。最も基本的な構成は、PoEスイッチにPoE対応ネットワーク機器(受電機器)を直接つなぐ構成だ。

PoEを使う際の主なネットワーク構成
PoEを使う際の主なネットワーク構成
[画像のクリックで拡大表示]

 PoE非対応のLANスイッチを導入済みで、1~2ポートだけをPoEに対応させたい場合には、「PoEインジェクター」という機器を導入する手もある。これは「ミッドスパン」とも呼ばれる。この機器にはACアダプターをつなぎ、その電力を配下のネットワーク機器に送る。無線LANアクセスポイントを数台導入したい場合、PoEインジェクターを使えばLANスイッチをPoEスイッチに置き換える必要がない。

 「PoEパススルー」という接続形態もある。これに対応したLANスイッチは、上流のPoEスイッチから電力を供給され、その電力を下流のネットワーク機器に給電する。PoEで直接給電できる距離は、イーサネットの最大通信距離と同じ100mに限られる。PoEパススルー対応のLANスイッチを導入すれば、PoEで給電できる距離を延長できる。PoEパススルー専用のLANスイッチ製品もある。これは単体ではPoEで給電できないので注意が必要だ。