全1010文字
PR

 ホンダが2020年2月14日に発売する新型の小型車「フィット」は、最新の先進運転支援システム(ADAS)「Honda SENSING」を標準搭載して予防安全機能を強化した。同システムの主要機能である自動ブレーキの性能を高めるとともに、4つの機能を追加した(図1)。

フィット
図1 新型「フィット」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 先代車では車両の周囲を検知する主要センサーとして、ミリ波レーダー(デンソーテン製)と単眼カメラ(日本電産エレシス製)を使う初期のシステムを搭載していた。新型車ではミリ波レーダーは搭載せず、広角化した新型の単眼カメラだけで車両の前方を監視する。

 新型カメラはフランス・ヴァレオ(Valeo)製である。同カメラを使うことで、単眼カメラとミリ波レーダーを使う先代車のシステムを上回る性能を実現できるようになった。ミリ波レーダーを使わないため、システムコストを抑えやすい利点もある(関連記事)。

 新型車には新型の単眼カメラの他に、超音波センサーを搭載する。単眼カメラはフロントウインドー上部の室内側に1個、超音波センサーは前部バンパーと後部バンパーに4個ずつ合計8個を装着した。

 これらのセンサーを使って新型車では、ADASの主要機能である自動ブレーキを交差点の右左折に対応させた。さらに、先代車のシステムには無い4つの機能を追加した。具体的には(1)近距離自動ブレーキ、(2)後方の誤発進抑制、(3)渋滞時対応ACC(先行車追従)、(4)自動ハイビーム──である。