全2924文字

決断のポイントは「裁量の大きさ」や「技術の独自性」

 アスタミューゼ転職ナビに登録する際、「現在の居住地と希望勤務地が異なる」のもかまわないと判断した人が、どんな求人票に興味を持っているかを見てみましょう。例を挙げると、以下のような求人になります。

■1.プラットフォームエンジニアの募集。自社プロダクトのサービスインフラ構築及び運用、または運用品質の向上。国内トップシェアを有する。
勤務地:福岡県 最高年収:1000万円 東京都在住の方が反応

■2.航空・宇宙関連プロジェクトのアプリケーションエンジニアの募集。その技術力で半導体・自動車・医療など多くの業界の最先端技術を支える。
勤務地:和歌山県 最高年収:800万円 神奈川県在住の方が反応

■3.車両の組み込みシステムのリーダー募集。要件定義~開発・設計の上流工程の業務を行って頂きます。車両製造のみならず、建設機械・発電機事業でも高い技術を誇ります。
勤務地:愛知県 最高年収:900万円 東京都在住の方が反応

 こうした一連の求人に見られる特徴として、インフラ構築から運用品質の向上、要件定義から開発・設計など幅広い範囲の業務を任せるといった裁量権の広さがあります。また、「航空関連でトップシェアの企業」など、ニッチながら高い技術力がある企業の求人票に興味を持つ人が多そうです。

 実際に、求職者の方が反応した求人票に登場する単語の出現頻度を、形態素解析にかけて調査してみました。すると「開発」や「業務範囲」「シェア」などが通常の出現頻度より高い数値を示しました(下図)。首都圏からその他の地域への移住をいとわない人にとって、どんな求人票が魅力的なのかを示しています。

求職者は求職票のどの言葉に反応したか、形態素解析で調査
求職者は求職票のどの言葉に反応したか、形態素解析で調査
「アスタミューゼ転職ナビ」登録求人票より、形態素解析によって平均的な単語の出現頻度を1とした際の相対的な割合。「業務範囲」は「業務」と「範囲」の2語に分かれていたが、同様の出現頻度のため1つの単語として扱った
[画像のクリックで拡大表示]

 コロナ禍において先行きが不透明な時代ですが、首都圏からその他の地域へと「越境」することに抵抗が少ない技術者にとっては、場所にとらわれず転職を考える好機ともいえるのでないでしょうか。また、全国には優れた技術を持つ企業や、社員の裁量権が大きい企業も多数存在すると思います。そうした企業の経営者にとっては、今が採用の攻め時かもしれません。

長光 康次
アスタミューゼ 事業推進本部 リーダー
「アスタミューゼ転職ナビ」商品企画。リクルートで長く人材系や住宅系Webサービスの事業企画・事業開発に携わり、全社MVPなど受賞。その後、カカクコムで「価格.com」の商品企画を経験し、2016年より現職。技術系高度専門人材の動向に精通している。
■JDLA Deep Learning for GENERAL 2020#2 有資格者
■東京大学松尾研究室CGIデータサイエンス講座 2019winter 修了者