全2797文字
PR

 モジュラー設計、うまくいっていますか? 今、私が支援している企業では、標準化やモジュール化を構築した後にこんなことが起きています。

・標準化や共通化を進めたのに、次の開発時に使用できていない。

・標準が古くなっており、クレームの対応策が織り込まれていない。そのため、標準を使用すると設計変更が増えてしまう。

・モジュールを使用しようにも、使い方(バリエーションの選び方など)が分からない。

 このように、設計者から「使いにくい」「逆に多くの工数がかかってしまう」といった後ろ向きの意見が出て、結局、標準やモジュールを使用していないというのが現実ではないでしょうか。これでは多くの工数をかけて検討した標準やモジュールが無駄になってしまいます。

 何が問題なのでしょうか。それは、標準やモジュールを設計者が運用・改良・変更するフローを考えていないことです。標準やモジュールを構築する際には、それらを運用することやブラッシュアップすることも考えなければなりません。すなわち、モジュラー設計には運用プロセスが必要なのです。モジュラー設計がうまくいっていない会社の多くが、ここでつまずいています。

 モジュラー設計の運用プロセスにはポイントがいくつかありますが、ここでは重要な3点に絞って解説しましょう。[1]モジュールの属性(選択部・変動部)の格上げを検討する、[2]開発・設計の振り返りから個別部を標準・モジュールへ組み込む内容を設定する、[3]標準・モジュールへの組み込み時に使う判断基準を設定する、です。

モジュラー設計の運用プロセスの要諦

[1]モジュールの属性(選択部・変動部)の格上げを検討する

 ある一定期間の後に、モジュールを再構成するためのプロセスです。モジュールの使用状況を確認し、選択部・変動部を再度検討していきます。

各属性の格上げの考え方
各属性の格上げの考え方
(作成:筆者)
[画像のクリックで拡大表示]

 モジュールは「全てが固定部=標準」であれば理想ですが、実際にはさまざまな顧客のニーズを組み込まなければならず、標準の1種類だけで成立する製品はこの世の中にはほぼ存在しません。顧客のニーズに応えつつ、効率良く開発設計を進めていくのが、まさにモジュラー設計の狙いです。その中で重要なのが、「属性(選択部・変動部)」の考え方です(なお、個別部については[2]で説明します)。

選択部:あらかじめ決められているバリエーションの中から部品を選択する

変動部:構造の変更はせずに、寸法の大きさを自由に変更する

 この属性はあくまでもモジュール化を検討したときに考えたものであり、実際の設計案件で使用できるか否かについては確認が必要です(モジュールの構築時には使用できる前提で考えていますが、将来どのような案件が来るかは分からない中で検討しているため、その修正という意味合いです)。選択部と変動部に対し、理想的な考え方は次の通りです。

 まず選択部については、設定されているバリエーションを確認したときに、「同じバリエーションしか使用していない」、あるいは「10個のバリエーションがある中で2つしか使用していない」など、使用している内容が偏っている場合にバリエーション選択をやめて、固定部に格上げすることを検討します。こうすれば、設計者が迷わずに検討することができ、選択のために考える時間もなくなります。「固定部=標準モジュール」なので、選択部から固定部に格上げするために形状変更は必要となります。

 変動部については、設定されて寸法の種類を調査したときに偏った寸法の設定がされているようであれば、あらかじめ寸法を設定しておきましょう。そうすることで変動部から選択部への格上げが完了します。

 こう説明すると、「全て固定部にしようとしているのではないか。それでは製品のバリエーションが少なくなり、顧客のニーズに対応できなくなってしまう」という声が聞こえてくることがあります。そうではありません。このプロセスは全てを固定化するためのものではないのです。

 市場が成長しているときは、さまざまなニーズが抽出されます。しかし、成熟期に入ってくるとニーズは落ち着いてきます。その落ち着いたニーズをくみ取って、モジュールに反映させるというプロセスなのです。「落ち着いたニーズ=決まりきったニーズ」に時間を取られることなく効率的に設計を進めるためのプロセスです。効率的に設計することにより、余裕が生まれます。それを続く[2]の個別部の創造に生かしていくのです。