PR
全1672文字

 日本での上級送迎の市場を創出したい――。トヨタ自動車が2019年末に販売を開始した新型ミニバン「グランエース」では、優れた居住性や静粛性の実現にもこだわった(図1)。

図1 後ろ斜めから見たトヨタ自動車の新型高級ミニバン「グランエース」
図1 後ろ斜めから見たトヨタ自動車の新型高級ミニバン「グランエース」
写真は、3列シート6人乗りの「Premium」グレード。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 居住性については、全長5300×全幅1970×全高1990mm、ホイールベース3210mmという車両の大きさを生かした室内長3290mm(6人乗り)、3365mm(8人乗り)、室内幅1735mm、室内高1290mmというゆとりある空間を確保(図2、3)。乗員の快適性を高めている。

図2 3列シート6人乗りのPremiumグレードの室内空間
図2 3列シート6人乗りのPremiumグレードの室内空間
室内長3290×室内幅1735×室内高1290mmとゆとりの空間を確保する。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 Premiumグレードの荷室
図3 Premiumグレードの荷室
後席のゆとりある空間を確保しながら、縦750×横510×幅310mm(約90L)のスーツケースを立てたまま最大4つ搭載できるという。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 その上で、3列シート6人乗りのPremiumグレードでは、2列目と3列目に、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブル、読書灯、バニティーミラーなどを装備した「エグゼクティブパワーシート」を2席ずつ配置(図4)。4人の要人を分け隔てなくもてなせるようにした。しかも、採用するシートは、クッションパッドの密度を高めて硬めにしたもの。長距離走行でも疲れないように配慮したという。

図4 Premiumグレードのエグゼクティブパワーシート
図4 Premiumグレードのエグゼクティブパワーシート
脚を載せられるパワーオットマンも用意されている。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 海外向けのバン/ワゴン「ハイエース」と同様、ワンボックスではなくセミボンネットとすることで、エンジン搭載位置を室内空間から独立させて高い静粛性を確保する。加えて、エンジンルームと車室空間の間の隔壁(ダッシュボード)や、ホイールハウス、床下などに制振材を配置。ダッシュサイレンサーには部分接着フィルムを適用する。さらに、後部スライドドアのガラスには合わせガラスを採用し遮音性を高めるとともに、フェンダーライナーなどの素材や形状を考慮することで、静粛性を高めている。

 車両が約2.8t(空車時)と重いことからパワーステアリングには油圧式を採用するが、Premiumグレードには、ブレーキ(横滑り防止装置)によって車線の逸脱を防止するアシスト機能を加えた。車速50km/h以上、道幅3m以上で機能する。全車速対応としなかったのは、「低速では瞬間的に自転車をよけようとしたとき、このアシスト機能が作動するとかえって危ないときがあるから」(川端氏)という。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い