全2537文字
PR

 発信した電波の反射を利用する電波の眼「合成開口レーダー」(SAR:Synthetic Aperture Radar)を活用した、新たな人工衛星ビジネスを取り上げてきたこの特集。連載第11回では、SAR衛星をはじめとした人工衛星が収集した観測データを、無料で閲覧・解析できるサービス「Tellus(テルース)」を紹介する。

 経済産業省が立ち上げた衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」(https://www.tellusxdp.com/ja/)は、衛星データを検索・閲覧できる。スクリプト言語のPython(パイソン)を使えば、複数の衛星が取得したデータを加工して、クラウドで情報解析まで無料でできるツールだ。クラウドを使って衛星が取得したデータをマーケットにつなぐインターフェースといえる。開発者登録をするとデータ閲覧ツールのTellus OSとパイソンなどの開発環境が使えるようになる。

Tellus OS初期画面で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術試験衛星「つばめ」(SLATS)の取得した東京都文京区小石川付近の画像を表示させた画面。インターフェースはGoogleマップにほぼ準じる。ただし衛星名が愛称ではなく開発コード名(この場合は「つばめ」ではなく「SLATS」)だったり、衛星名なしでセンサーの名称が出てきたりするので、多少とまどうかもしれない。例えばJAXAが打ち上げたSAR衛星「だいち」が搭載している光学センサーは、ただ「AVNIR-2」とだけ表示される。(出所:さくらインターネット)
Tellus OS初期画面で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術試験衛星「つばめ」(SLATS)の取得した東京都文京区小石川付近の画像を表示させた画面。インターフェースはGoogleマップにほぼ準じる。ただし衛星名が愛称ではなく開発コード名(この場合は「つばめ」ではなく「SLATS」)だったり、衛星名なしでセンサーの名称が出てきたりするので、多少とまどうかもしれない。例えばJAXAが打ち上げたSAR衛星「だいち」が搭載している光学センサーは、ただ「AVNIR-2」とだけ表示される。(出所:さくらインターネット)
[画像のクリックで拡大表示]
「Tellus(テルース)」(https://www.tellusxdp.com/ja/)のホームページ。(出所:さくらインターネット)
「Tellus(テルース)」(https://www.tellusxdp.com/ja/)のホームページ。(出所:さくらインターネット)
[画像のクリックで拡大表示]

 SAR衛星をはじめとする地球観測衛星は、衛星単体では意味を持たない。衛星を開発し、打ち上げて、運用して撮像データを得る。ここまでは第一歩でしかない。次に、撮影した莫大な量のデータを整理し、必要に応じて手軽に引き出せるアーカイブを構築しなくてはいけない。

 アーカイブが充実したら、グラウンドトゥルース(現地の情報)*1と組み合わせて有用な情報を抽出し、その情報でビジネスを展開する、あるいは公共の仕事に役立てる。ここまで実現して初めて、地球観測衛星は社会の中で機能するシステムとして完結する。

*1 グラウンドトゥルース:実際に地表面がどうなっているかという情報。

 複数衛星が取得したデータを組み合わせた解析を普及させ、ひいては衛星情報利用の市場を成長させるのが、テルース創設の狙いだ。2018年度から2020年度にかけて、3年間の時限プロジェクトとして運用している。2019年2月以降は一般からユーザーを募り、データと開発環境の無償開放を開始*2。資本の少ないベンチャー企業でも利用できる環境を整えた。

*2 テルースのユーザー数は、2019年12月時点では約2000人。そのうち20%が法人として登録している。開発環境まで利用する登録を行ったユーザーは200人で、その多くは20代〜30代の若い世代だという。