SARがひらく人工衛星新ビジネス

日本のSynspectiveが開発中のSAR衛星「StriX-α」の運用イメージ Xバンド(8~12GHz帯)の電波を使う合成開口レーダーを搭載。2022年には6機体制でサービスインを予定している。将来的には25機体制を構築して世界中の任意の地点を1日1回は観測できるようにする。(出所:Synspective)
日本のSynspectiveが開発中のSAR衛星「StriX-α」の運用イメージ
Xバンド(8~12GHz帯)の電波を使う合成開口レーダーを搭載。2022年には6機体制でサービスインを予定している。将来的には25機体制を構築して世界中の任意の地点を1日1回は観測できるようにする。(出所:Synspective)

カーソルキー(←/→)でも操作できます