全3320文字

ホームポジションとタッチパッドの位置をチェック

 キー配列の確認が完了したら、キーボードのホームポジションと、タッチパッドの位置関係を確認しておきたい。

 ホームポジションに手を置くと、左手の人さし指を「F」キーに、右手の人さし指を「J」キーに置くことになる。その手の位置でタッチパッドが使いやすい位置にあるかどうかをチェックしよう。大抵のノートパソコンは、ホームポジションの真下にタッチパッドが設置されており、ホームポジションから手を動かさなくてもタッチパッドを親指で操作できるよう設計されている。

 ノートパソコンによっては、タッチパッドがパソコンの中心から左側にずれて配置されていることもある。これは、キーボードのホームポジションの真下に配置するためだ。ただし、デザインを優先しておりタッチパッドを中央に配置し、キーボードのホームポジションの真下から離れている製品もある。そのようなノートパソコンを買うときは、自分が手を置く位置を想定し、操作しやすいかどうかを考えたほうがよいだろう。

キーボードに対してノートパソコンのタッチパッドの位置も確認する。写真のようにタッチパッドをパソコンの中心から左側にずらして配置しているパソコンが多いが、これは正常だ
キーボードに対してノートパソコンのタッチパッドの位置も確認する。写真のようにタッチパッドをパソコンの中心から左側にずらして配置しているパソコンが多いが、これは正常だ
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
中には写真のようにタッチパッドをノートパソコンの中央に配置し、ホームポジションの真下から離れてしまっているパソコンもある。この場合、左手親指でのタッチパッドの操作がしにくくなる
中には写真のようにタッチパッドをノートパソコンの中央に配置し、ホームポジションの真下から離れてしまっているパソコンもある。この場合、左手親指でのタッチパッドの操作がしにくくなる
(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 キーボードのキータッチは、キーボードの写真や仕様から判断するのは難しい。キーを押し込む深さは、仕様表では「キーストローク」として記載されていることが多い。これだとキーをどの深さまで押し込めるかは確認できるものの、それは押し心地とは異なる。購入前に、メーカーのショールームや家電量販店にある展示機を実際に触って判断するしかない。キーストロークについては、本特集の次回に詳しく解説する。

 日本で販売されているノートパソコンの多くは、キーボードは日本語配列になっている。ただ直販のノートパソコンの中には、オプションで英語配列も用意されている製品がある。英語配列の方が望ましい場合は、こうした直販モデルを選ぶ手もあるだろう。

田代 祥吾(たしろ しょうご)
PC周辺機器メーカーから日経WinPC編集部を経て、現在はフリーランスライターとして活動。日経PC21や日経パソコンなどで記事を執筆している。得意ジャンルはPCやスマートフォン、自動車、アキバ系サブカルチャーなど。