「デザイン=色や形」という認識はもう古い。社会が複雑化し、SDGs(持続可能な開発目標)やVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不透明性)といった考え方が台頭する中で、デザインはBtoC企業のみならずBtoB企業も経営戦略に積極的に取り入れるべきものになっている。

 本コラムでは、デザインを経営に生かす「デザインマネジメント」を提唱してきた田子學氏(エムテド代表取締役/アートディレクター、デザイナー)が、企業への導入支援経験や識者との対談などを通じて、デザインマネジメントの要諦を指南する。