全3666文字
PR

 「うちの会社のWebサイトにどんなクッキーのタグがあるか調べてほしい」「プライバシーポリシーを作りたいがどうしたらよいか」――。国内企業からアドテク関連企業にこんな依頼が相次いでいる。

 こうした依頼が増えている背景には、これまでの企業Webサイトを巡る事情がある。多くの企業は本社の経営管理部門が自社のWebサイトの管理や運用を担当しているが、「自社のWebサイトがどのようなタグを設置し、どのようなユーザーデータを収集しているか管理できていない例が少なくない」と複数のアドテク関連企業は明かす。

 例えば、企業が期間限定の広告キャンペーンなどを展開するためにWebサイトのページにクッキーを利用するタグなどを設置して広告効果の測定などをする場合がある。アドテク会社にタグなどの設置を依頼するのは、現場の営業部門や宣伝部門が多い。結果として経営管理部門の管理が行き届かない事態を招きやすい。

 なかにはキャンペーンが終わってもタグを設置したままユーザーのデータが第三者に取得され続けている状態のWebサイトもあるという。Webサイトに設置したタグがブラウザーに対してさらに別のタグを呼び出すよう命令する仕組みになっていて、サイト管理者がタグの機能を把握していない例もあるという。

 問題はクッキーだけではない。Webブラウザーから得られる情報を基にブラウザーを特定する「フィンガープリント」と呼ばれる技術を利用するWebサイトも増えているという。フィンガープリントはクッキーとは異なり、ユーザーの意思で削除しにくいという特徴がある。

 そのため特に消費者向けビジネスを展開する企業の一部は、自社のWebサイトにどんなタグなどが設置されているか洗い出してもらうニーズが高まっている。知らぬ間にフィンガープリントを利用していないか調査を求める企業もある。調査結果を踏まえてプライバシーポリシーを見直す動きもあるという。

 こうしたなか国内向けのWebサイトに「Consent Management Platform(同意取得・管理プラットフォーム)」(CMP)を導入する動きも出ている。ところが、企業Webサイトの調査などを手がけるDataSign(データサイン)によると、一部の企業WebサイトはせっかくCMPを導入しているのにユーザーが広告目的のクッキーの利用を拒否できない状態だ。

CMPで「Cookieを受け入れる」とボタンを表示するものの、ボタンを押す前にブラウザープラグインでクッキー利用を検知した日本企業のWebサイト例
CMPで「Cookieを受け入れる」とボタンを表示するものの、ボタンを押す前にブラウザープラグインでクッキー利用を検知した日本企業のWebサイト例
(注=サイトのURLはモザイク加工した)
[画像のクリックで拡大表示]

 実際にある日本企業のWebサイトは「クッキーを受け入れる」というボタンを押す前に広告目的のクッキーの利用が始まっている。同社の太田祐一社長は「クッキーを受け入れるか聞いている段階では本来データを取ってはいけないはずだ」と話す。

 CMPの代理店をしているITベンダーがユーザに分かりやすい設定をしていなかったり、企業のWeb担当者があまり理解せず言われるまま導入していたりする恐れもある。企業は国内外の自社Webサイトがユーザーのデータをどう利用しているのか総点検が必要だ。

サードパーティークッキーの制限で「情報銀行」に注目も

 一方、米グーグル(Google)のWebブラウザー「Chrome」や米アップル(Apple)の「Safari」や米モジラ財団(Mozilla Foundation)の「Firefox」は、サードパーティークッキーの利用を制限する仕様に変更しようとしている。ユーザーのプライバシー保護を求める要望が強まっているからだ。サードパーティークッキーはユーザーがアクセスしたWebサイト以外のサイトが、タグなどを通じてデータを収集している。