全1863文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2020年2月24日、第5世代移動通信規格(5G)に対応したスマートフォン「XPERIA 1Ⅱ(エクスペリアワンマークツー)」を発表した。当初「MWC Barcelona 2020」での発表を予定していたが、その中止によってYouTubeでの発表となった。新モデルは5Gの大容量通信に対応。それに合わせてAV(オーディオビジュアル)機能を大幅に強化したのが最大の特徴で、同社のフラッグシップモデルと位置付ける。発売価格は「国・地域のキャリア(通信事業者)による」として明らかにしていない。

XPERIA 1Ⅱの表側
XPERIA 1Ⅱの表側
(日経クロステックが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

XPERIA 1Ⅱの背面
XPERIA 1Ⅱの背面
左端にトリプルカメラと3D iToFセンサーがある。(日経クロステックが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

カメラは高級デジタル一眼レフ並みの機能に

 ソニーはXPERIA 1Ⅱのカメラ機能の強化策として、同社のデジタル一眼レフカメラ製品「αシリーズ」や映画用カメラ技術の多くを盛り込んだとする。筐体の寸法や望遠、標準、超広角のトリプルカメラは、ソニーが2019年6月に発売した「XPERIA 1」に近い。ただし、新機能も多い。具体的には(1)「3D iToF(indirect Time of Flight)センサー」機能、(2)背面トリプルカメラのレンズはドイツツァイス(Zeiss)製、(3)60回/秒の演算速度で高速移動する被写体に追従するオートフォーカス(AF)と自動露出(AE)機能と20コマ/秒の連写機能、(4)高速移動する被写体(動物含む)の瞳を自動検出してそこに焦点を合わせる「リアルタイム瞳AF」機能などである。

XPERIA 1とXPERIA 1Ⅱの比較
XPERIA 1とXPERIA 1Ⅱの比較
(出所:ソニー)
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)の3D iToFは3~5mの距離を測定可能で、暗いシーンでの高速AFに威力を発揮する。広角撮影時に用いる2.6型の高感度撮像センサーと併せてXPERIA 1に対して約1.5倍の高感度撮影が可能になるとする。