全2836文字
PR

人事業務のクラウドサービスがタクシーの車内サイネージやテレビCMなどをにぎわしている。HRテックは今まさに戦国時代を迎え、ベンダー各社がAI(人工知能)やデジタル技術を活用した機能強化に工夫を凝らす。主な動向を紹介する。

 人事(HR)とテクノロジーを掛け合わせた造語である「HRテック」。これまで手作業だった人事業務をITで自動化して効率を飛躍的に高めたり、これまで困難だった分析を可能にしたりする技術だ。HRテックをうたったクラウドサービスが本格的な普及期に入っている。

 IT分野の調査会社であるミック経済研究所が2020年1月7日に発刊した『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度版』によると、人事業務のクラウドサービス市場は急速に伸びている。2019年度の同市場は前年度比36.1%増の349億円に拡大。今後も増加傾向は続き、2024年度に1700億円の市場規模になるとミック経済研究所は予測する。

 HRテックの中でも、特に競争が激しいのは「採用」領域である。この領域で注目すべき動向は2点。「応募者とのコミュニケーションの多様化」と「採用業務の大幅な軽減」である。

自宅や喫茶店などにいながら面接

 応募者とのコミュニケーションの多様化の代表例がWeb面接だ。新型コロナウイルスの拡散防止の観点から注目が集まっている。

 応募者は自宅や喫茶店などにいながら、パソコンやスマホを通じて面接を受けられる。面接官は複数人でも対応できる。Web面接サービス「インタビューメーカー」を販売するスタジアムの伊藤佑紀インタビューメーカー事業本部マーケティング部プロダクト企画Gゼネラルマネージャーは「地方の学生が面接を受けやすい。面接会場への移動がないため、首都圏の学生にも好評だ」と話す。

 Web面接サービスのベンダーは面接に特化した機能を製品に盛り込み、Web会議システムやSkypeなどと差異化しようとしている。

インタビューメーカーの画面
インタビューメーカーの画面
(画像提供:スタジアム)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばインタビューメーカーは、単に応募者の映像を見ながら会話するだけのサービスではない。エントリーシートの内容を含めた応募者情報と面接官の評価を一元管理できる機能がある。

 応募者はパソコンやスマホから指定されたURLにアクセスして面接を受ける。面接官の画面には応募者の映像だけでなく、エントリーシートの内容なども表示する。

 面接官は画面上で評価を付ける。「意欲」「自己表現能力」など、あらかじめ設定した項目について5段階で評価できる他、自由記述のコメント入力も可能。面接官同士のチャット機能もあるので、「次は私が質問します」などと応募者に知られずにコメントをやりとりできる。

 応募者の同意を得たうえで面接動画の録画も可能だ。時間の都合がつかなかった面接官が後から動画を確認して評価できる。高圧的な質問をしていなかったかどうか、面接官の態度のチェックにも役立てられる。録画した動画の音声を文字起こしするオプションサービスも提供予定だ。料金は月額3万9800円(税別)から。

メールを見ない学生にLINEで連絡

 LINEは応募者との新たなコミュニケーション手段として「LINE採用コネクト」を開発。主に新卒採用向けのサービスとして、2019年11月にリリースした。

 LINE採用コネクトはこれまで電話やメールが中心だった企業と応募者とのコミュニケーション手段をLINEに置き換えた製品。「学生のメール離れは顕著。説明会などの案内メールの開封率が下がっている。学生が日常的に使うLINEであれば、より密にコミュニケーションを取りやすい」と、鈴木隆明マーケティングソリューションカンパニーHRサービス事業部LINE新卒チームマネージャーはアピールする。

LINE採用コネクトの画面(左)と応募者のスマホ画面(右)
LINE採用コネクトの画面(左)と応募者のスマホ画面(右)
(画像提供:LINE)
[画像のクリックで拡大表示]

 使い方はこうだ。企業はLINE採用コネクトで企業用のLINEアカウントを取得し、説明会などで同アカウントを応募者に公開する。企業アカウントを示すQRコードを配布したり、プレゼンテーション資料として投影したりすればよい。応募者はLINEアプリでQRコードを読み取り、「友だち」として登録。その後はLINEアプリだけで説明会の通知の受け取りや参加の申し込みが可能だ。

 企業は「第1回説明会参加者」「2次面接通過者」「内定者」など応募者をグルーピングしたうえで、別々のメッセージを発信できる。1人ひとりの質問に答えるなど個別のメッセージも可能だ。

 LINEには企業向け公式アカウントもあるが、新卒採用を想定している点が異なる。応募者を卒年ごとに分けられる他、説明会の案内メッセージのテンプレートなどをあらかじめ用意する。料金は月額4万円(税別)。