全2981文字

 韓国メディアは2022年7月5日(現地時間)、韓国バッテリー最大手のLG Energy Solution(LGエナジーソリューション)がいすゞ自動車の小型トラックに対し、4年間で1兆ウォン(約1046億円)を超える規模のバッテリー供給契約を結んだと一斉に報じた。韓国では、LGエナジーソリューションがパナソニックのお膝元の日本で受注したとして沸いている。LGエナジーソリューションは生産設備を積極的に拡大するものの、桁違いの投資を続ける中国勢の背中は遠い。中国勢とのシェアの差は、逆に広がりつつある。

テスラに集中するパナソニックを横目に日本市場攻略

 いすゞ自動車の小型トラック「エルフ」は、同社小型トラックの旗艦だ。現在、同社は電気自動車(EV)の実証実験を進めており、2022年にも市場投入を目指している。韓国メディアは、パナソニックが米Tesla(テスラ)向けの生産に集中するのを横目に、LGエナジーソリューションが日本市場をうまく狙って成果をあげたと分析する。

LGエナジーソリューションは日本市場で供給先を着々と拡大する
LGエナジーソリューションは日本市場で供給先を着々と拡大する
(出所:LG Energy Solution)
[画像のクリックで拡大表示]

 LGエナジーソリューションは、日本市場を着々と攻略している。2022年1月にはホンダと合弁で最大40GWh規模の新たな北米バッテリー工場を新設すると報じられた。日産自動車のEV「アリア」にパウチ型バッテリーを供給するという報道もあった。

 LGエナジーソリューションはEVスタートアップにも供給先を広げている。2022年7月11日には、同社がインドの自動車大手Mahindra & Mahindra(マヒンドラ・アンド・マヒンドラ、以下マヒンドラ)の小型EV「XUV400」にバッテリーを供給すると報じられた。

 LGエナジーソリューションの親会社である韓国LG Chem(LG化学)は2018年2月にマヒンドラとの協業を発表している。NCM(ニッケル・コバルト・マンガン)バッテリーによる高密度エネルギーのバッテリー開発とリチウムイオンバッテリーモジュールの開発という内容だ。今回のバッテリー供給報道はその成果だろう。

 マヒンドラはEVのラインアップ強化のため91億米ドル(約1兆2500億円)の資金を調達する。同社はEV向けバッテリーの内製化は考えていないと公表しており、LGエナジーソリューションの供給規模は拡大する可能性が高い。人口14億人のインド市場開拓の足がかりができたことは、LGエナジーソリューションにとって大きい。

 LGエナジーソリューションは生産設備も積極的に拡大する。

 2022年6月13日にLGエナジーソリューションは、韓国・梧倉(オチャン)1工場に4GWh規模の円筒型バッテリー生産ラインを増設すると発表した。同工場において9GWh規模の新たなフォームファクター(形状)を採用した円筒型バッテリー生産ラインも新設する。7300億ウォン(約770億円)を投資し、2023年下半期から量産を開始する計画だ。

 2022年3月に同社は、米アリゾナ州に1兆7000億ウォン(約1780億円)を投資し、11GWh規模の円筒型バッテリー工場を新設することも発表している。主力とする円筒型バッテリーを採用する自動車メーカーが増えており、今がチャンスとばかりに生産設備を広げている。