全3057文字
PR

 中国では新型コロナウイルスの感染拡大により春節(旧正月)の休暇が延長、学校は休校となった。生徒、学生たちは学校が休みの間、日々の授業を受けることができなくなってしまった。

 この状況を受けて民間企業が一斉にオンライン教育の提供を始めている。加えて、小中学校など公的な教育機関もオンライン教育を実施し始めた。今回は、新型コロナウイルス感染拡大下で進む中国のオンライン教育の状況を紹介する。

まずは民間企業が無料学習コンテンツを配信

 春節の休暇が延長されると、まずは民間企業が次々に無料の学習コンテンツを配信し始めた。

 動画配信サービス「ビリビリ動画」を提供するビリビリ(bilibili)は2020年2月7日、教育機関と提携して学習動画を無料公開ししていると中国のSNS、微博(Weibo)の公式アカウントで明らかにした。動画は9年間の義務教育の範囲をカバーしている。加えて、清華大学や北京大学などの有名大学と提携し、教授の特別授業の配信なども実施しているという。「ビリビリは勉強をやめない」と銘打ったWebページが新設され、コンテンツがまとめられている。

「ビリビリは勉強をやめない」と銘打って教育コンテンツを集めたWebページ
「ビリビリは勉強をやめない」と銘打って教育コンテンツを集めたWebページ
出所:ビリビリ
[画像のクリックで拡大表示]

 その他にも、テンセント動画、愛奇芸(iQiyi)など様々な動画サイトが教育コンテンツの配信を開始している。

 動画サイトだけではない。ショート動画アプリも無料学習コンテンツの配信を実施した。例えば、ショート動画大手の快手(Kuaishou)は、新東方(New Oriental)、VIPKIDなど中国で著名な教育系企業40社あまりと提携。同社のアプリのサイドバーに「停課不停学(休校でも学びは止めない)」という専用コーナーを設置。小中高生向けコンテンツ、就学前教育、職業教育など豊富な学習コンテンツの無料提供を実施している。

快手アプリの学習コンテンツページ(小学3年生向けのコンテンツを表示)
快手アプリの学習コンテンツページ(小学3年生向けのコンテンツを表示)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本では「TikTok」として知られる「抖音(Douyin)」も同様に学習コンテンツを提供している。2020年2月5日には清華大学と北京大学が抖音で授業を生配信。中国メディアの報道によると、第1回の視聴者数は19万人を超えたという。