2020年3月1日、ついに改正建築士法が施行された。大学卒業後すぐに一級建築士試験を受験できるようになるなど、05年の構造計算書偽造事件を受けた規制強化路線から一転、規制緩和にかじを切った。改正によって、建築士の資格や実務はどう変わるのか。新たなルールとそのインパクトを徹底解説する。

[画像のクリックで拡大表示]


*掲載予定記事のタイトル・内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。