全3210文字
PR

 台風や豪雨が過ぎ去った後、過去に設計を手掛けた建物に連絡を入れて、被害の有無を確認するという建築家の内藤廣氏。挑戦的な形状の屋根でも、「これまでは雨漏りなどの問題はない」と言い切る。独立して最初に設計したプロジェクトの教訓を生かし、建物の用途や規模に応じて、三重、四重の防水で「雨漏りなし」を実践する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料