全4172文字
PR

 1時間当たり100mmといった豪雨が増加していること、中大規模木造に勾配屋根を架ける事例が増えていることなどを背景に、大型の金属雨といの需要が高まっている。種類やコストから、使用上の注意点まで、金属雨といの製造販売を手掛けるタニタハウジングウェアの谷田泰社長らに聞いた。

金属雨といの種類にはどんなものがありますか。

 当社は金属雨といの製造販売を主力とし、溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板(ガルバリウム鋼板)、ステンレス、アルミニウム、そして銅板とステンレス板の熱融着材でつくった製品をそろえています。値段の目安は、溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板製を1とすると、アルミ製は2倍、ステンレス製は3倍。ステンレスの塗装品はさらに約3割高くなります。

タニタハウジングウェアによる金属雨といの製品例(写真:日経アーキテクチュア、タニタハウジングウェア)
タニタハウジングウェアによる金属雨といの製品例(写真:日経アーキテクチュア、タニタハウジングウェア)
[画像のクリックで拡大表示]

 溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板は一部を除いて前塗装(プレコート)、それも表裏とも塗膜約20ミクロンのポリエステル樹脂焼き付け塗装を施したものを採用しています。一般的な溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板は、屋根や壁に用いられることが多く、板の裏面は、結露による腐食防止のためにサービスコートと呼ばれる薄膜の塗装が施されています。

 一方で、雨といは板の裏側となる内側に雨が流れたり滞留したりし、酸性雨が降る場合もありますから、当社は両面とも耐候性と耐食性の高い仕様のものを使っています。また、塗料メーカーによると、当社で採用しているポリエステル樹脂焼き付け塗装は、フッ素樹脂焼き付け塗装と同等の耐候性があるそうです。

大阪府にある「風の子保育園」(設計:井上久実設計室)。縦といには、丸たてとい「ビルアルミ」の60φ・114φ(シルバーカラー/バンドレス)を使用(写真:タニタハウジングウェア)
大阪府にある「風の子保育園」(設計:井上久実設計室)。縦といには、丸たてとい「ビルアルミ」の60φ・114φ(シルバーカラー/バンドレス)を使用(写真:タニタハウジングウェア)
[画像のクリックで拡大表示]

 ステンレス製は一般的に無塗装でも、雨といとして穴が開くなどの致命的な機能劣化が発生しないことを自社試験で確認しています。どちらかと言うとステンレスの場合は外側への配慮が必要です。ステンレスはさびないのではなく、さびにくい材料で、塩分や鉄粉などの付着によって赤茶色の、いわゆる一般の人が認識するさび色が発生して、意匠性が損なわれます。

 ステンレスのさびで特にSUS304のそれは、自然環境下では材料の表面で止まることがほとんどですが、一方で、さび始めると素材全体がボロボロになるまで進行してしまう鉄のさびの色と同じために、見る人に悪いイメージを与えます。ステンレス製の雨といは、キッチンのシンクのように日常的に手入れする場所とは違い、大概放ったらかしなので、塗装することを推奨しています。

 ステンレス製品の塗装は、当社で、曲げなどの加工後に行います。加工の際は目に見えない微小な傷やクラックの発生をどうしても避けられず、後にその部分にゴミや塩分などがとどまりやすいため、赤さびが出やすくなってしまいます。また、特に雨といが軒下などに入っていると塩が堆積しやすく、さらには結露による湿潤と乾燥の繰り返しで塩分濃度も高くなり、当社の経験では、雨といの設置後10~15年でさびが出ます。

 かえって雨掛かりがあるほうが雨で塩が流れるので、ステンレスだけでなく金属の雨といにとっては条件がよいようです。特に飛来する塩分が多くなる塩害地域の場合はさびを防ぐために、値段は高くなってもフッ素樹脂で完全焼き付け塗装を施すのが安心でしょう。

 このような理屈からすると塩害地域で溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板製の雨といを使うことはあまりお薦めできません。材料メーカーが「海際から1km以内は気を付けるように」と言っているのは、小口が鉄とめっきの素地状態だからです。しかし当社では、雨といとしての機能が損なわれるまで劣化した話を現在のところ聞いていません。

 これは、全ての雨といが雨掛かりのない場所に採用されているわけでもなく、施工する方が小口を丁寧に補修してくださっていることもあるからだと考えています。ただし、細かく建物の場所ごとに使い分けせず、安心して採用いただくには、塩害地域ではステンレス製か、アルマイト処理を施したアルミ製が耐久性的に有利になるかと考えられます。

 金属雨といでは、切ったり張ったり加工したときの板の小口に配慮しなければなりません。アルミも白さびが出ます。白いので目立ちませんが、ファサードなど人目に触れる部分に小口が現れる場合は気を付ける必要があります。

大型といの需要が拡大

最近は1時間当たりの降雨量が100mmを超える豪雨も想定しないといけない状況です。

 当社は雨量計算の相談を受けることもあります。そのときの想定値が過去10年の平均降水量か最大降水量かは設計者によって異なります。昨今の自然災害で多くの人が実感しているように、雨の降り方が変わってきたことから、降水量は多めに想定することが増えました。また、中大規模の非住宅木造に勾配屋根を架けるケースが増えています。こういったことを背景に、大きな軒といの需要が高まっています。

 当社はアルミ製やステンレス製に加え、溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板製の大型といも2年前からラインアップしています。鉄筋コンクリート造の陸屋根の建物でアルミ製やステンレス製の大型縦といを採用してもらっていたので、同素材の大型軒といは以前からそろえていました。近年は中大規模の木造建築に合わせたい、色の選択肢を増やしてほしいという声に応え、溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板製の品ぞろえを少しずつ増やしているところです。

栃木県の「牧が丘幼稚園」(設計:鈴木貴博建築設計事務所)。軒といは、ガルバリウム大型雨といHACO GH12号(ガンメタ)、縦といは、丸たてとい75φ(ホワイト)を使用している(写真:タニタハウジングウェア)
栃木県の「牧が丘幼稚園」(設計:鈴木貴博建築設計事務所)。軒といは、ガルバリウム大型雨といHACO GH12号(ガンメタ)、縦といは、丸たてとい75φ(ホワイト)を使用している(写真:タニタハウジングウェア)
[画像のクリックで拡大表示]

 溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板製の軒といは、住宅用が奥行き113mm、高さ67mmであるのに対し、大型は奥行き165mm、高さ103.8mm。2020年の2月にはもうひと回り大きなものが加わりました。これに合わせて、直径90mmの縦といも用意しています。溶融アルミ亜鉛合金めっき鋼板の大型製品は板厚が0.5mmです。住宅用縦といよりも板厚を0.15mm増したことで、より安心感のあるしっかりした仕上がりになっています。