全2958文字
PR

5Gは新規事業の勃興を促すだけでなく、既存の事業や機器にも大きな変革を迫る。そこではゲームのルールが変わり、今日までの勝者が明日の敗者になりかねない。例えば、現在最強のIntelのパソコン向けプロセッサーやHuaweiのインフラ事業は大きな曲がり角に差し掛かっている。

 2020年春、日本でも第5世代移動通信サービス(5G)の商用サービスが始まった。ソフトバンクとKDDI/auが2020年3月、NTTドコモが2020年4月、楽天モバイルが2020年6月に5Gの商用サービスを開始する。

 この5Gでは、これまでにない新しい機器やサービスが急拡大していくとみられている。具体的には、(1)数Gビット/秒の超広帯域(eMBB)を生かした、「xR」とも呼ばれるAR(Augmented Reality)やVR(Virtual Reality)のヘッドセットやその端末向け通信サービス、(2)超高信頼・低遅延(URLLC)を生かした建機やアバターの遠隔操作、(3)「C-V2X」に基づく自動運転、(4)多数同時接続(mMTC)と呼ばれる、1km四方内で100万台の端末をほぼ同時に接続するIoT(Internet of Things)用途などである。

eMBB(enhanced Mobile BroadBand)=5Gで実現する数G~20Gビット/秒の大容量通信、または5Gのそのモード。
URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications)=超高信頼低遅延、または5Gのそのモード。同モードでは、通信容量を抑制する一方で、接続の信頼性の高さと遅延の小ささを優先する。遅延は無線区間で1m秒以下が目標値である。
C-V2X(Cellular Vehcle to Everything)=クルマ同士やクルマと歩行者、クルマと信号機などがそれぞれデータを移動通信網などを介してやり取りすることで運転支援や最適な自動運転を実現する構想と仕様。
mMTC(massive Machine Type Communication)=多数同時接続、またはそのモード。IoT端末が1km四方内に100万個あってもほぼ同時に基地局と通信できるようにする。一方で、通信速度はかなり遅くなる。

既存の機器や事業に“5G前線"が迫る

 ただし、それだけではない。5G時代は人およびすべての機器やモノをつなごうとする“5G化"の圧力がさらに高まり、4G/LTEでは関係が薄かった既存のエレクトロニクス機器やサービスにも大きな変革を迫る。

 4G/LTEに対応する機器といえばスマートフォンであり、それ以外の機器やサービスへの影響は限定的で、それぞれが既存の枠組みの中で平和裏にすみ分けていた(図1)。しかし、5Gでは桜前線ならぬ“5G前線"が通過する前後で、既存の機器やサービスが刷新され、それを支えるメーカーや事業者も大きく入れ替わる(図1(b))。5G前線が呼び込むのは企業にとっては生き残りを問う“嵐"だ。前線通過後は「5G帝国」ともいえる、すべてが5G化した世界が生まれる。

(a)5Gスマホが生まれたばかりの現状では、各事業が平和裏にすみ分け
(a)5Gスマホが生まれたばかりの現状では、各事業が平和裏にすみ分け
[画像のクリックで拡大表示]
(b)2022年頃の予想地図
(b)2022年頃の予想地図
[画像のクリックで拡大表示]
図1 5Gで産業の地図が激変へ
5Gの普及によって、スマートフォンだけでなく、多様な機器やサービスに大きな変革を迫る様子を示した。5Gサービスが登場したばかりの現在はまだ、各分野は平和裏にすみ分けている(a)。しかし、5Gサービスが本格化する2022年頃以降は、さまざまな新事業(勃興する王国や公国)が生まれるだけでなく、多くの既存事業が変革を迫られ、“5G色”に染まっていかざるを得なくなる(b)。それに失敗すると、大手企業でも衰退の危機に直面する可能性もある。