全1998文字
PR

 家づくりで、現場に最もベタ付きになるのは大工職だ。現場に出入りする職方たちにとっては、元受け会社の現場監督と同じく大工職も、円滑な現場づくりで重要なファクターになる。自分勝手に作業を進める大工職は、職方たちの作業で障害となり、施工の効率や品質を著しく低下させてしまうことになる。

事例1
自分の都合しか考えない“ヘルプ大工”

 職方の一部が原因で雰囲気が悪くなっている現場がある。特に大工職は現場に滞在する期間が長く、他の工種との絡みも多い。大工職が実質的に現場監督の業務を補助していることが少なくない。また大工職は一般に、現場での交流を通じてさまざまな工種の職方とネットワークがあり、元受け会社工にそうした職方を紹介するケースも多い。各職方は「仕事を回してくれる」と大工職に一目置き、大工職もそれを当然と思いがち。それだけに大工職が自分本位で動くと現場の秩序は乱れ、雰囲気も悪化する。

元受け会社がヘルプで頼んだ大工職のケース。他の職方の作業に無配慮で、電気工事前に内装下地の石こうボードを張って知らん顔だった(イラスト:anne)
元受け会社がヘルプで頼んだ大工職のケース。他の職方の作業に無配慮で、電気工事前に内装下地の石こうボードを張って知らん顔だった(イラスト:anne)
[画像のクリックで拡大表示]

 電気工事業のAさんがこうした経験をしたのは、“ヘルプ”の大工職が入っていた現場だった。元受けの工務店は、いつも依頼していた大工職がいずれも都合が合わなかったり、廃業したりしていたため、取引先の木材販売会社から紹介された初顔のベテラン大工職にこの現場を任せていた。この大工職は1日でも早く現場を上がることを最優先して作業を進めていた。ほかの職方との絡みは考慮せずに作業を進めてしまうので、複数の職方から「あの大工職をなんとこしてくれ」と現場監督に苦情が出るほどだった。

 Aさんもこの大工職から“被害”を受けた1人。配線前に壁に石こうボードが張られて施工ができなかったため、自分でボードを外して配線した。頭にきたAさんは、外した石こうボードは張り直さないでそのまま放置。以後、その大工職との関係は険悪になったという。

 同じ元受けの現場に継続的に関わっている大工職なら、通常は、他の工種の職方に嫌われるようなことはしないで、むしろフォローに回ることを重視するものだ。そうした配慮は元受けにも評価され、継続的な受注にもつながる。だが一方で、飛び入り参加した現場の場合、こうした他の工種への配慮など「自分が苦労する必要はない」と考える大工職もいる。

 Aさんが経験した現場の大工職は、木材販売会社の紹介であちらこちらの現場に出向く仕事が多く、付き合いの深い特定の元受けはなかった。そのためか、元受け会社よりも仕事を回してくれる木材販売会社との関係を大事にしているようだった。実際、Aさんが入った現場の工事中、既に木材販売会社から別の現場を紹介されており、そちらでの作業開始に間に合わせるために急いでいたとみられる。また木材販売会社は、大工職の手間賃を抑えて元受け工務店に紹介する一方で、工務店側に紹介料を要求していた。この点も、大工職が現場を利己的に進めた原因のようだ。「知らない大工職が仕切る現場は関わらないようにしよう」とGさんは肝に銘じた。