全1403文字
PR

ハイパーリンクが自動設定されるのを解除

 ワードでURL やメールアドレスを入力すると、自動的にハイパーリンクが設定されることがある(図1)。ハイパーリンクとは、クリックすることで該当するウェブサイトやメール作成画面を開くための機能。PDFなどのデータを渡すなら役立つこともあるが、印刷する文書では目立つ文字色や下線は邪魔になってしまう。

ハイパーリンクの自動設定は印刷の邪魔
ハイパーリンクの自動設定は印刷の邪魔
図1 URLやメールアドレスを入力すると、ハイパーリンクが設定される(1~3)。青い文字や下線は表示だけでなく印刷時にもそのままなので、ビジネス文書では目障りなこともある
[画像のクリックで拡大表示]

 ハイパーリンクは、入力直後なら「Back Space」キーで解除するとよい(図2)。後から気付いた場合には、「オートコレクトのオプション」ボタンで解除するのが一般的だが、右クリックのほうが簡単だ(図3、図4)。毎回解除するのが手間なら、「入力オートフォーマット」の設定でハイパーリンクの自動設定を解除しておこう(図5、図6)。

入力直後の解除は「Back Space」か「Ctrl」+「Z」キー
入力直後の解除は「Back Space」か「Ctrl」+「Z」キー
図2 表示が変わった直後であれば、「Back Space」キーまたは「Ctrl」+「Z」キーを押すと、ハイパーリンクが解除される
[画像のクリックで拡大表示]
後から解除するなら右クリックが速い
後から解除するなら右クリックが速い
図3 ハイパーリンクが自動設定された文字列にマウスポインターを合わせ、表示される四角いマークに重ねる(1、2)。現れた「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックすると、設定の解除などができる(3~6)。
[画像のクリックで拡大表示]
図4 今回だけ解除するなら、ハイパーリンクが設定された文字列を右クリックし、「ハイパーリンクの削除」を選ぶのが速い(1、2)
図4 今回だけ解除するなら、ハイパーリンクが設定された文字列を右クリックし、「ハイパーリンクの削除」を選ぶのが速い(1、2)
[画像のクリックで拡大表示]
使わないならハイパーリンクの自動設定をオフ
使わないならハイパーリンクの自動設定をオフ
図5 「ファイル」タブで「オプション」を選択(1、2)。「文書校正」を選択し、「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックする(3、4)
[画像のクリックで拡大表示]
図6 「 入力オートフォーマット」タブを開き、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」をオフにする(1~3)
図6 「 入力オートフォーマット」タブを開き、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」をオフにする(1~3)
[画像のクリックで拡大表示]