全969文字
PR

PDFをワード文書に変換、直接開いて再利用

 資料の受け渡しなどに使われる文書ファイルの形式は、「PDF」が主流となっている。客先やセミナーで渡される資料や、インターネットでダウンロードした説明書などの多くがPDFファイルだ。テキストデータを含むPDFなら、そのテキストをワードで再利用することもできるが、PDF 上ではうまくコピーできなかったり、ワードに貼り付けた後、レイアウトに苦労したりする。そんなときは、ワードでPDFを直接開けばよい。すると「文字編集ができるワードファイル」に変換できる(図1)。

PDFファイルはワードで直接開いて編集
PDFファイルはワードで直接開いて編集
図1 ワードでは、PDFファイルを開くだけで、編集可能なワード文書になる
[画像のクリックで拡大表示]

PDFファイルは、通常のワードファイルと同様に「ファイル」タブの「開く」で開くことができる(図2)。また、エクスプローラーで該当するPDFを右クリックし、開くプログラムとしてワードを選んでもよい(図3)。どちらの方法でも、同じ確認画面が表示され、ワードで開くことができる(図4)。

PDFをワードで開く2つの方法
PDFをワードで開く2つの方法
図2(左側) 「ファイル」タブで「開く」を選び、「参照」をクリックする(1、2)。 図3(右側) 「ファイルを開く」ダイアログボックスではファイルの形式が「すべてのWord 文書」となっているが、PDFファイルも表示されるので問題ない。PDFファイルを選択して「開く」をクリックする(1、2)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 エクスプローラーで読み込むPDFファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」から「Word」を選択する(1~4)
図4 エクスプローラーで読み込むPDFファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」から「Word」を選択する(1~4)
[画像のクリックで拡大表示]
図5 図3または図4の手順でPDFファイルを開くと確認画面が表示される。「OK」ボタンを押すと、PDFがワードファイルとして開く(1、2)
図5 図3または図4の手順でPDFファイルを開くと確認画面が表示される。「OK」ボタンを押すと、PDFがワードファイルとして開く(1、2)
[画像のクリックで拡大表示]

 PDFによっては正確に読み込めないこともあるので、必ず内容を確認し、適宜修正を行う。それでもイチから入力するよりずっと速く作業できるはずだ。ただし、著作権などには十分配慮し、必要に応じて出典などを明記するよう注意しよう。