全623文字
PR

 マイクロソフトの「Outlook」(以下、アウトルック)でメールを作成していると、勝手に文字が変わってしまうことがある。その原因の多くは、「オートコレクト」機能にある。

「勝手に変わる」とミスにつながる
「勝手に変わる」とミスにつながる
新商品の名前は「JAs Standard」なのだが、「JAs」と入力すると自動的に「Jas」に書き換えられてしまう。こうした「オートコレクト」のおせっかい機能は気付きづらいので厄介だ
[画像のクリックで拡大表示]

 オートコレクトは、その名の通り間違った文字列を正しく自動修正する機能なのだが、一般的な英語の文法や書式設定に基づいた設定なので、固有名詞などの特殊な言葉まで勝手に変更されてスペルミスにつながるといったことも少なくない。

 また設定がワードなどと共通になっているため、肩文字などメールで使わない書式設定が含まれるのも問題だ。

 アウトルックのおせっかいで正しく入力した文字を変えられたくないなら、オートコレクトの設定を見直そう。

問題はオートコレクトにあり
問題はオートコレクトにあり
「ファイル」タブで「オプション」を選択(1、2)。「メール」を選択し(3)、「スペルチェックとオートコレクト」をクリックする(4)
[画像のクリックで拡大表示]