全7369文字
PR

UNIXならタイプライター・ペアリング

 キーボードの配列で論争を招くのが、「(」と「)」が「9」「0」の上にある「タイプライター・ペアリング」と、「(」と「)」が「8」「9」の上にある「ロジカル・ペアリング」の違いである。数字キーに割り当てられた記号の組み合わせ方(ペアリング)が異なっているのだ。タイプライター・ペアリングは、文字通りタイプライターのペアリングと同じものである。一方のロジカル・ペアリングは、ASCIIコードの下位4ビットが同じコードを持つ数字と記号を組み合わせた配列である。そのため論理的なペアリングと呼ばれている。

 AppleIIや米Commodoreの「VIC1001」といった1970年代のパソコンのキーボードはロジカル・ペアリングとなっている。1980年代に入ってからのAppleIIeやCommodoreの「AMIGA」といった後継機はタイプライター・ペアリングを採用している。理由は定かではないが、あるタイミングで一斉に変更されたようだ。

 当然、ミニコンから発展したワークステーションのキーボードもタイプライター・ペアリングであった。主にUNIXを使っていたエンジニアや研究者は、タイプライター・ペアリングのキーボードで仕事をしていた。ところが、パソコンの台頭によってワークステーションにおいてもロジカル・ペアリングのキーボードが添付されるようになった。しかもIBM PC AT互換であるために「CAPS Lock」キーが「A」キーの隣に、CtrlキーがShiftキーの下に移動していた。タッチタイプ時に小指によるCtrlキー押下を多用するUNIXユーザーからは不評であった。

 私が開発に携わったHappy Hacking Keyboardは、これらUNIXユーザーのために開発したキーボードである。

PFUが1997年に出荷した「Happy Hacking Keyboard」のキー配列
PFUが1997年に出荷した「Happy Hacking Keyboard」のキー配列
Ctrlキーと文字キーの組み合わせを制御キーとして多用するUNIXユーザー向けにキー配置を工夫した。101/104、および106/109Aキーボードとの違いはCtrlキーがAキーの段にあること。タッチタイプ時に小指で押下しやすい。
[画像のクリックで拡大表示]

 設計思想の基本は5点。(1)タイプライター・ペアリングであること、(2)CtrlキーがAキーの隣にあること、(3)CAPS Lockがないこと、(4)ESCキーが1キーの隣にあること、(5)ファンクション・キー、テンキーがないこと、というのが特徴である。特に101/104、および106/109Aキーボードとの違いとして大きいのが、CtrlキーがAキーの隣にあること。タッチタイプ時に小指で押下しやすい。

 今回は英字と制御キーを中心としたキー配列の変遷を私なりの解釈を交えながら眺めてみた。Happy Hacking Keyboardは画一化するパソコン向けキーボードに対する一つの提案である。HHKのように、今後ある用途に特化したキーボードが生まれればと期待している。

八幡 勇一(Yuichi Yawata)
ピンチェンジ テクノロジープロモーター
PFU入社以来、ミニ・コンピュータ、サーバー、ワークステーションの開発に携わる。システム・サポート業務を経てPFU研究所に移籍。StrongARM搭載のPDA開発のかたわら、キーボードの配列および構造についてのヒアリングを重ね、東京大学の和田英一名誉教授の協力の下「Happy Hacking Keyboard」を世に送り出した。現在はピンチェンジに在籍。次世代キーボードを中心にさまざまな新製品の開発に従事する。
記事の内容や執筆者のプロフィールは当時のままです。