キーボード配列に凝縮されたコンピュータの歴史とは

米ワシントン大学のAugust Dvorak教授が考案したDvorak配列 母音と子音をキーボードの左右に分けて配置することで、英文の入力時に右手と左手を交互に使って打鍵できる割合を増やすように工夫してある。
米ワシントン大学のAugust Dvorak教授が考案したDvorak配列
母音と子音をキーボードの左右に分けて配置することで、英文の入力時に右手と左手を交互に使って打鍵できる割合を増やすように工夫してある。

カーソルキー(←/→)でも操作できます