PR

 米アップル(Apple)が2020年3月18日に発表した「MacBook Air」の2020年モデルは、これまで賛否両論だったキーボードを刷新し、基本性能を向上させた新製品だ(写真1)。

写真1●MacBook Air 2020年モデル(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●MacBook Air 2020年モデル(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 手ごろな価格帯で「世界で最も売れているMac」でもある。MacBook Airは、春からの新生活に向けたPCとしても注目を浴びている。果たしてどのような新製品に仕上がったのか。評価機を試用したファーストインプレッションをお届けする。

キーボードとプロセッサーが変わった2020年モデル

 MacBook Airは、2018年10月に「Retinaディスプレイ」を採用し、外観を含めたフルモデルチェンジを遂げている。今回の2020年モデルの外観は基本的に変わらず、13.3型のRetinaディスプレイを踏襲。2019年モデルで対応した色温度の自動調整機能「True Tone」も利用できる。

 本体を閉じると「くさび形」になるきょう体や、本体左側に搭載する2基のThunderbolt 3ポートもそのままだ(写真2)。仕様上の重量は1.25kgから1.29kgへとわずかに増加した。評価機の実測では1.28kgだった。

写真2●特徴的なくさび形のボディー
写真2●特徴的なくさび形のボディー
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年モデルの主な変更点は「キーボード」と「プロセッサー」だ。キーボードには16インチMacBook Proと同じ「Magic Keyboard」を搭載。プロセッサーは米インテル(Intel)製の第8世代Coreプロセッサー(Amber Lake)から最新の第10世代Coreプロセッサー(Ice Lake)に強化。上位モデルではMacBook Airとして初めてクアッドコアを採用した。

 キーボードの使用感が大きく変わったことで、Retinaディスプレイ以前のMacBook Airユーザーはもちろん、2018/2019年モデルを購入したユーザーにとっても、一度は触れてみる価値のある新モデルといえそうだ。

しっかり打ち込めるシザー構造のキーボードを搭載

 近年のノートブック型Macは、2015年に12インチモデルのMacBookに搭載された「バタフライ構造」の薄型キーボードを採用してきた。しかし打鍵感や不具合には不満の声もあり、世代を重ねるごとに改良を加えてきたものの賛否両論となっていた。

 これに対して2020年モデルのMacBook Airは、シザー構造のMagic Keyboardを採用し、抜本的な改善を図っている(写真3)。シザー構造は2019年11月に登場した16インチMacBook Proのキーボードや、単体のアクセサリーとしても売られている同名のアップル製キーボードでも使われている。

写真3●MacBook Airも「Magic Keyboard」を搭載
写真3●MacBook Airも「Magic Keyboard」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 浅過ぎることで不評だったキーストロークは1mmへと深くなり、しっかり打ち込めるようになった(写真4)。単体キーボード製品のMagic Keyboardよりも押し込んだ感触は柔らかく、ふかふかした印象だ。これまでのバタフライ構造ではタイプ音が気になるとの声も多かったが、耳障りな音は軽減されている。

写真4●キーストロークは1mm、柔らかい打ち心地に
写真4●キーストロークは1mm、柔らかい打ち心地に
[画像のクリックで拡大表示]