全3049文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年3月25日に米アップル(Apple)からiPad Proの新モデルが発売された。1つ前のモデルは2018年11月に発売されており、約1年4カ月ぶりのアップデートとなる。

 今回、新しいiPad Proを試用する機会を得たので、筆者がテレワークやモバイルで現在活用している1つ前のiPad Pro(12.9型)との比較を交えて、どこが変わったのかをリポートする。

iPad Proはキーボードと相性が良い

 今回発売されたiPad Proはこれまでと同様にディスプレーサイズが12.9型と11型の大小2つのモデルがあり、製品パッケージなどでは「12.9インチiPad Pro(第4世代)」「11インチiPad Pro(第2世代)」と記されている。世代の表記は異なるが、ディスプレーや本体のサイズに関わらないハードウエアのスペックは12.9型と11型で差異はない。

 小さいほうのiPad Proは、何度かディスプレーサイズが変更されて登場しており、そのたびに世代のカウントがリセットされているため、このような世代表記のズレが生じている。ここでは今回発表された12.9インチと11インチを発売された年で「2020年モデル」のように一括りにする。

 iPad Proは2018年モデルからホームボタンがなくなり、ディスプレーが前面のほとんどを占めるデザインになった。また認証方式は指紋認証の「Touch ID」から顔認証「Face ID」に変更された。2020年のモデルもこれを踏襲した。

 iPad ProのFace IDは、本体が横向きや逆さまでも機能する点がiPhoneのFace IDとは異なる。これが外付けキーボードと組み合わせて使う際にとても便利だ。筆者はiPad Proとキーボードの組み合わせで、ほとんどのモバイル作業に使用している。

iPad Proにキーボードを接続すると、パソコンのように使うことができる。写真は「11インチiPad Pro(第2世代)」。OSを最新のiPadOS 13.4にアップデートしたiPadはマウスやトラックパッド(タッチパッド)にも対応
iPad Proにキーボードを接続すると、パソコンのように使うことができる。写真は「11インチiPad Pro(第2世代)」。OSを最新のiPadOS 13.4にアップデートしたiPadはマウスやトラックパッド(タッチパッド)にも対応
[画像のクリックで拡大表示]
2020年モデルのiPad Proは背面のカメラユニットが四角く盛り上がっており、ここを見ればすぐに他のモデルと区別できる
2020年モデルのiPad Proは背面のカメラユニットが四角く盛り上がっており、ここを見ればすぐに他のモデルと区別できる
[画像のクリックで拡大表示]

 キーボードがあると文字入力が楽になるのはもちろんだが、画面がスリープされている状態でキーボードの任意のキーを押すと画面がオンになり、その状態でユーザーがiPadの前にいると顔認証でロックが外れる。ロック画面は表示されたままだが、もう1度キーを押すとホーム画面または作業中のアプリの画面になる。

 純正のケース型キーボード「Smart Keyboard Folio」のように、閉じた状態からiPadを開くとiPadの画面がオンになるので、キーを1度タイプするだけで作業を始められる。

 パスコードやパスワード入力といった手順不要で作業に入れるのは非常に快適だ。これに慣れてしまうと指紋認証すら煩わしく感じることさえある。iPadをキーボードと組み合わせてパソコンの代わりに使いたいと考えているならiPad Proをお薦めしたい。

フォトレタッチに使ってみたところ、筆者の使い方では動作速度に大きな違いは感じられなかった。もっと複雑な処理ならば違いが分かるのかもしれない
フォトレタッチに使ってみたところ、筆者の使い方では動作速度に大きな違いは感じられなかった。もっと複雑な処理ならば違いが分かるのかもしれない
[画像のクリックで拡大表示]