全3318文字
PR

 米アップル(Apple)が2020年3月18日に発表した「iPad Pro」の2020年モデルは、カメラの強化や新たな光センサー「LiDARスキャナー」を搭載した最新モデルだ(写真1)。

写真1●11インチiPad Pro(第2世代)。別売のキーボードを装着している
写真1●11インチiPad Pro(第2世代)。別売のキーボードを装着している
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadOSがマウスやトラックパッドによる操作に正式対応したことで、別売のキーボードとともにビジネス利用時の生産性向上も期待できる。今回登場したのは「11インチiPad Pro(第2世代)」と「12.9インチiPad Pro(第4世代)」の2モデル。本記事では11インチモデルの評価機を試用したレビューをお届けする。

超広角カメラを追加、LiDARスキャナーでAR体験が向上

 iPad Proの2020年モデルは、11インチが「第2世代」、12.9インチが「第4世代」とやや複雑だが、どちらも2018年モデルからの順当なアップデートとなっている。ホームボタンのない全画面デザイン、顔認証の「Face ID」を採用し、インターフェースに独自のLightningではなくUSB Type-Cを搭載するなど、他のiPadシリーズと一線を画する特徴もそのままだ(写真2)。

写真2●特徴的な全画面デザインはそのまま
写真2●特徴的な全画面デザインはそのまま
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の外形寸法はまったく変わっておらず、重量も11インチモデルで3〜5グラム、12.9インチモデルで10グラムの増加にとどまっている。外観の大きな違いがリアカメラだ。広角と超広角のデュアルカメラに加え、光センサーである「LiDAR(ライダー)」スキャナーを搭載した(写真3)。

写真3●広角+超広角のデュアルカメラとLiDARスキャナーを搭載
写真3●広角+超広角のデュアルカメラとLiDARスキャナーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 超広角カメラは、iPhone 11世代のスマホがすでに搭載している。だがiPad Proで直接撮ることで、iPhoneから写真や動画を転送する手間を省き、すぐに閲覧したり加工したりできるのがメリットといえる。画角はiPhone 11が120度、iPad Proが125度とわずかに異なるが、撮影できる範囲は大きく変わらない印象だ(写真4)。

写真4●新型iPad Proの超広角カメラで撮影。画角は125度
写真4●新型iPad Proの超広角カメラで撮影。画角は125度
[画像のクリックで拡大表示]

 会議室のホワイトボードを撮るような場合は、望遠カメラのほうが便利な場合もあるだろう。ただ、アップルが望遠カメラではなく超広角カメラを優先した背景には、AR体験を向上させたいという思惑があるようだ。

 このARに活用できる光センサーが、リアカメラの位置に追加されたLiDARスキャナーだ。これにより標準の「計測」アプリや、3Dでモノの構造を学べる「JigSpace」アプリの動作がスムーズになっている(写真5)。アップルは国内外のパートナー企業とLiDARを活用したARアプリの開発を進めており、今後は日本でも活用事例が出てくることに期待したい。

写真5●モノの内部構造や仕組みを学べる「JigSpace」
写真5●モノの内部構造や仕組みを学べる「JigSpace」
[画像のクリックで拡大表示]

 インカメラは前モデルと同じ700万画素で、iPhone 11世代に搭載された1200万画素のカメラは採用されなかったものの、MacBook Airに比べればすぐに分かるほど画質は良い。テレワークへの活用で最近需要が高まっているビデオ会議用途には十分な画質といえる。