全5477文字
PR

2019年から2025年までに年平均で約20%成長し、2025年の世界市場は約350億米ドル(1ドル110円換算で3兆8500億円、米Grand View Research調べ)。こんな高成長が期待されるテクノロジー分野がある。AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)などの先端技術を駆使する「スポーツテック」だ。先頭を走る米国で開催された、世界最大級のスポーツ産業カンファレンス「MIT SSAC 2020」で見えた最前線を報告する。

「MIT SSAC 2020」のオープニングセッションの模様(写真:日経クロステック)
「MIT SSAC 2020」のオープニングセッションの模様(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

MLBがAWSからGoogleに乗り換え

 2020年3月3日、米Google(グーグル)のクラウドサービス部門「Google Cloud」は、大谷翔平選手なども活躍する米メジャーリーグ(MLB)の“公式クラウド”として複数年契約を締結したと発表した。MLBの技術子会社が開発した、ボールや選手の動きを追跡してデータ化するトラッキングシステム「Statcast(スタットキャスト)」などを、Google Cloud上で運用する。このほか、グーグルのAI技術やデータ解析技術などを利用し、「世界中のファンに次世代の体験を提供する」(グーグル)。

 「オオタニのストレートの平均球速は155.2km/時」「第4打席のヒットの打球速度は181.69km/時」(いずれも2018年の記録)など、トップ選手のすごさをつまびらかにするStatcastは“データ生成マシン”だ。ボールの位置だけで毎秒2000個のデータを取得し、1試合当たりのデータ量は7TB(テラバイト)に達する。

 Statcastは2015年までにMLBの全30球団のスタジアムに導入されたが、実はこれまでグーグルのライバルである米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)傘下のクラウドサービス子会社、AWS(Amazon Web Services)が運営していた。つまり、MLBがAWSからGoogle Cloudに乗り換えた格好だ。

 なぜ、クラウドサービスの大手企業がスポーツビジネスへの進出に本腰を入れているのか。主な理由は2つある。(1)人気の試合となれば数千万~数億人が同時視聴することもあり広告価値が高い、(2)トラッキングシステムが生成する膨大なデータをリアルタイムに処理して視聴者を引き付けるデータとして見せることで、自社の技術力を示す「ショーケース」になる、からである。

 実際、Google CloudはMLB以外にNCAA(全米大学体育協会)や米プロバスケットボールNBAのゴールデンステート・ウォリアーズなどと、AWSは米国で圧倒的な人気と収益力を誇るプロアメリカンフットボールNFLやFormula 1(F1)、NASCAR(ナスカー)などと提携している。