全4676文字

  2次元から3次元へ─。電子機器で再生される音の世界が今、大きく変わろうとしている。けん引役は、少ないスピーカーで立体的な音を響かせる「カジュアル3Dオーディオ」である。既にスマートフォンやタブレット端末、テレビなどで配備が完了し、オンライン配信環境も整いつつある。この先には、映像と音で周囲の空間を操る世界が待っている。

 音の世界に今、静かな、だが大きな変革が起きようとしている(図1)。音声再生の主流だったステレオが、3Dオーディオ(立体音響)へ変化しようとしているのだ。

図1 マニアから大衆へ、豊かな音の表現をより手軽に
図1 マニアから大衆へ、豊かな音の表現をより手軽に
音の表現力を高めるために、これまではスピーカーを増やしたり専用のAVアンプなどを追加したりと、機材が複雑化する方向で進んできた。さらに表現力豊かな「3Dオーディオ」を追い求めるともっと複雑になり、マニア以外には普及しなくなってしまう。そこに現われたのが、2chのステレオスピーカーでも手軽に3Dオーディオが楽しめる「カジュアル3Dオーディオ」と呼べる存在だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 この中核的な役割を担うのが、テレビやヘッドホン、サウンドバーのような手軽な再生機器である。米Dolby Laboratoriesや米DTSといった音声コーデック開発大手が家電メーカーと共に機器への搭載を進めているほか、ソニーや米Appleなどがヘッドホンでも利用できる3Dオーディオの普及に着手した(図2)。米Netflix、米Amazon.comなどの大手音楽・映像配信業者も、3Dオーディオ対応のコンテンツに注力し始めた。

図2 多くの企業が3Dオーディオ対応製品やサービスを提供
図2 多くの企業が3Dオーディオ対応製品やサービスを提供
ハードウエアでは、スマートフォンやサウンドバー、テレビ、ゲーム機などの製品が3Dオーディオに対応するようになり、再生環境が整いつつある。コンテンツのプラットフォームも、映像配信サービスを中心に、音楽配信やゲームなどに広がりを見せている。(写真:スマホはサムスン電子、音楽配信はAmazon.comの「Amazon Music HD」、ゲームはSIEとMicrosoft)
[画像のクリックで拡大表示]

いつの間にか3D

 これまで家庭で3Dオーディオを聴こうとすると、前方左右と正面に3つ、側面と後方に2つずつ、低音用のサブウーハーを1つ、そして天井にスピーカーを4つ配置する「7.1.4ch」など、スピーカーを10個以上使用するのが一般的だった。用意する機材が複雑で、まさにマニア向けのコンテンツと言える。

 現在、起きつつあるのが、そんなマニア向けだった3Dオーディオを大衆化する3Dオーディオのカジュアル化への動きだ。ポイントは、ユーザーがわざわざ3Dオーディオの専用機器を買わずとも、スマホやテレビなど身の回りにある機器を買い替えれば、いつの間にか利用できる環境が整うということである。

 従来の3Dオーディオ再生環境とカジュアル3Dオーディオ再生環境の大きな違いは、必要なスピーカー数の違いだ。カジュアル3Dオーディオなら、スピーカーが2つしかないステレオ環境でも、前後左右上下の全ての方向において、どの方向から音が聞こえてくるかが分かるようになる。ヘッドホンでも同様に、まるで頭部の周りに音源があるかのように、音源とリスナーの位置関係が感じ取れる(図3)。

図3 スピーカー2つだけで全方位から音が聞こえる
図3 スピーカー2つだけで全方位から音が聞こえる
カジュアル3Dオーディオの代表ともいえる技術が、ソニーの「360 Reality Audio」だ。自らの周囲を音が取り囲むような体験をヘッドホンやステレオスピーカーで実現でき、従来のステレオでは得られなかった音の広がりを感じられるようになる。(図:ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ)
[画像のクリックで拡大表示]

演算性能向上でカジュアルへ

 こうしたカジュアル3Dオーディオを実現できるようになった背景には、音響機器の演算処理性能向上がある。カジュアル3Dオーディオには「オブジェクトベース方式」が使われる場合が多い。この方式では、各音源に位置情報などのメタデータを付けて空間内に配置し、3次元的な広がりを感じさせるために再生環境のスピーカー数や音響特性(HRTF、頭部伝達関数)に応じて信号処理を加え、その場で生成した音を再生する。従来方式より信号処理の回数が増えるため、演算処理能力が必要になる。

 この信号処理は、最近のスマホなどが搭載するプロセッサーなら、ほとんどがソフトウエアで実現可能だ。また、スマホ以外の機器でも3Dオーディオの符号化方式に対応したSoC(System on Chip)を搭載していれば再生可能であり、テレビやAV機器などでも対応が進んでいる。