全1260文字
PR

 新型コロナウイルスの影響で、自動車生産が未曽有の深刻な水準にまで落ち込みそうだ――。英調査会社IHSマークイット(以下、IHS)が2020年の自動車生産台数を年初の予測から再び下方修正。約1800万台減り、7100万台程度まで落ちる可能性があることが分かった。リーマン・ショックの影響を受けた2009年の減少率を大きく上回る歴史的な水準だ。自動車・部品各社は、生き残りを懸けた正念場を迎える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料