全567文字
PR

 ヤマハ発動機は2020年4月9日、新型コロナウイルスの影響を受けて製品の減産に踏み切ると発表した。同年5月に国内8カ所の工場を一定期間止める。主力の2輪車では数千台規模で生産を減らす見通しだ。海外から調達した主要部品の供給が滞っていることや、欧米をはじめとする先進国での需要が減少していることを織り込む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料