全3948文字
PR

 真の「5G(第5世代移動通信システム)」といわれるSA(Stand Alone)方式がいよいよ日本でも本格的に始まった。先行するソフトバンクに加えてNTTドコモも2021年12月13日から法人顧客を対象にSA方式の商用サービスを開始したからだ。

 SA方式は、コア設備を4G設備で流用していたこれまでのNSA(Non-Stand Alone)方式と異なり、すべて5G専用設備を使う。従来の超高速・大容量に加えて、超低遅延、多数同時接続といった機能も実現できるようになる。1つのネットワークを、用途に応じて仮想的に分割する「ネットワークスライシング」のような機能もSA方式を導入することで初めて可能になる。SA方式は、5Gを社会インフラとして活用していくためには欠かせない進化のステップとなる。

 だが物事には表と裏があるのが常である。進化した5GであるSA方式にも不都合な真実がある。SA方式では当初、現行のNSA方式と比べて、通信速度がどうしても劣化してしまうという点だ。SA方式の柔軟な機能のカスタマイズに魅力を感じる法人顧客はまだしも、通信速度を重視する一般顧客にとって、SA方式をデメリットとして感じる恐れすらある。世界の通信事業者の間でも、こうしたSA方式導入に伴うリスクが取り沙汰され始めている。

NTTドコモは法人顧客向けに5G SA方式の商用サービスを開始した。下り最大速度は1.7Gビット/秒であり、NSA方式の同4.2Gビット/秒と比べると、速度劣化が見られる
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモは法人顧客向けに5G SA方式の商用サービスを開始した。下り最大速度は1.7Gビット/秒であり、NSA方式の同4.2Gビット/秒と比べると、速度劣化が見られる
(出所:NTTドコモ)

SA方式開始も速度は4G並みに

 「本日からSA方式の商用サービスを開始する。SAの特徴を生かすことで、顧客ごとに異なる用途・ニーズに合わせて柔軟に提供していく」。

 21年12月13日に開催した説明会で、NTTドコモ 5G・IoTビジネス部ビジネス企画担当部長の岩本健嗣氏は、同日法人顧客向けに開始したSA方式の5Gサービスについてこのように強調した。

 NTTドコモは東京女子医科大学や日立製作所、TBSテレビ、そして庵野秀明氏が社長を務めるアニメ制作会社のカラー(東京・杉並)などともに、SA方式の特徴を生かした新たなユースケースに取り組む。

 SA方式の5Gサービスを利用するためには、SA方式対応の端末が必要になる。現状、国内で発売されている5G端末は、ほとんどがNSA方式対応だ。

 NTTドコモはSA方式の商用サービスを開始するに当たり、新たにSA方式対応の5G端末を用意した。同社がNSA方式対応として21年9月に発売したシャープ製端末「SH-52B」を、SA方式対応として特別に手を加えたデータ通信専用端末だ。

 ここから「不都合な真実」が明かされていく。ドコモはSA方式のサービスについて、まずは下り最大速度が1.7Gビット/秒になると説明した。同社がNSA方式で提供する5Gサービスの下り最大速度は現在、4.2Gビット/秒である。SA方式の当初の下り最大速度は、NSA方式と比べて半減以下となる。

NTTドコモが「瞬速5G」という名称で提供している5G NSA方式のサービスでは、下り最大速度が4.2Gビット/秒に達している
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモが「瞬速5G」という名称で提供している5G NSA方式のサービスでは、下り最大速度が4.2Gビット/秒に達している
(出所:NTTドコモ)

 なぜSA方式は進化した5Gであるにもかかわらず、NSA方式と比べて速度劣化しているのか。