全3842文字
PR

 いよいよ日本国内で、5G(第5世代移動通信システム)のキラーサービスといわれる「ネットワークスライシング」の商用化が始まった。KDDIが2022年2月末、法人を対象にいち早くネットワークスライシングの商用展開を開始したからだ。ネットワークスライシングは、1つの物理的なネットワークを用途に応じて仮想的に分割でき、安定的な映像配信やロボットの制御などへの応用が期待されている。もっとも現段階でネットワークスライシングは発展途上であり、今後通信事業者の運用のノウハウが問われる分野であることが見えてきた。

KDDIとソニーが共同で実施したネットワークスライシングを活用したゲームストリーミングの実証
[画像のクリックで拡大表示]
KDDIとソニーが共同で実施したネットワークスライシングを活用したゲームストリーミングの実証
左側がゲーム専用スライスに接続したスマホ、右側が通常のスライスに接続したスマホである。ゲーム専用スライスに接続したスマホのほうが、スムーズにゲームを楽しめていた(撮影:日経クロステック)

ソニーと共同でゲーム配信の安定化に応用

 「ネットワークスライシングを使ったゲームのほうがスムーズに動きます」--。

 KDDIとソニーは22年3月下旬、ネットワークスライシングを活用し、家に設置したゲーム機から外出先にゲーム映像を配信することで、スムーズにゲームを楽しめるという技術実証を実施した。

 KDDIが法人向けに商用展開したばかりのネットワークスライシングを使い、ゲームストリーミング専用のスライスを用意。必要なリソースをあらかじめ割り当てることで、ネットワークが混雑した場合でも安定的にゲームを楽しめる様子を見せた。

 筆者も東京国際フォーラム近辺で実施されたデモを現地で見た。ゲーム専用スライスに接続したスマホのほうが、通常スライスに接続したスマホよりもカクつきが少ない安定的なゲーム映像を見せていた。

 ソニーは、外出先のデバイス(スマホなど)から自宅に設置したゲーム機にアクセスしてゲームを楽しめる「PSリモートプレイ」という機能を提供している。ただ現状では「利用者宅内の環境が人によってまるで違う」(ソニー モバイルコミュニケーションズ事業本部第1ビジネス部統括部長の 木山陽介氏)という点が課題になっていた。

 この課題を解決する手段としてソニーが期待するのがネットワークスライシングだ。ゲーム専用スライスに接続することで、利用者の環境の違いを吸収。新たなサービスにつなげられる可能性がある。

世界的にも早い商用化、ただし現状では発展途上

 そんなネットワークスライシングについて、KDDIは国内初の商用展開を始めた。世界を見渡してもネットワークスライシングの商用展開は早い。KDDI技術統括本部モバイル技術本部次世代ネットワーク開発部長の渡里雅史氏は「世界的に見てもネットワークスライシングは実証段階にとどまっているケースが多い。我々はかなり先行していると自負している」と語る。

ネットワークスライシングの仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
ネットワークスライシングの仕組み
無線アクセスネットワーク(RAN)とトランスポート、コアネットワークにまたがって仮想的なネットワークをつくる。S-NSSAI(Single-Network Slice Selection Assistance Information)という識別子を用いてスライスを管理する(出所:日経クロステックが作成)

 ネットワークスライシングは、基地局などの無線アクセスネットワーク(RAN)からコアネットワーク、これらを結ぶトランスポートの3つのエリアにまたがって、仮想的なスライスをつくる。

 これら3つのエリアの機器やソフトウエアは、ベンダーも異なれば、投資サイクルも違うケースが多い。通信事業者内でも担当部署が異なり、標準化団体すら別のケースがある。そのため通信事業者は、これら3つのエリアのネットワークをそれぞれ独立したコントローラーで管理・制御している場合がほとんどだ。エンド・ツー・エンド(E2E)で仮想的なスライスをつくるには、これら3つのエリアを統合的に制御していく仕組みをつくる必要がある。

 KDDIの渡里氏は「4〜5年前から、社内横断の体制をつくって技術検討を始めた」と語る。KDDIがいち早くネットワークスライシングを商用展開できた理由には、早い段階で準備を始めていたという事情もありそうだ。

 もっとも現段階でKDDIのネットワークスライシングは、「E2Eですべて自動化できているわけではない。SLA(Service Level Agreement)の実現もこれから。まだ発展途上の段階だ」と渡里氏は打ち明ける。これには事情がある。KDDIは標準仕様に沿ったネットワークスライシングの構築を進めていく方針だが、現段階でE2Eのネットワークスライシングを実現するには、標準仕様が十分ではないからである。

 例えばRANやコアと、トランスポートのスライスの連携部分だ。携帯電話の標準化団体である「3GPP」では「S-NSSAI(Single-Network Slice Selection Assistance Information)」というスライスの識別子を定義し、この識別子をRANとコアの仮想的なネットワークのひも付けに使っている。これに対しトランスポートは、3GPP以外の標準化団体で標準仕様を策定している。そのためにS-NSSAIを使った連携の仕様がまだできていないという。

 KDDIは現状、こうした部分について独自に識別子をひも付けすることで、なんとかE2Eのネットワークスライシングを実現したという。

 さらに現在のKDDIのネットワークスライシングでは、スマホから特定の専用スライスに接続した場合、そのスマホ上のあらゆるアプリケーションが同じ専用スライスにつながってしまう。冒頭のソニーのデモにおいても、スマホがゲーム専用スライスにつながった場合、メールなどあらゆるアプリが同じゲーム専用スライスにつながってしまうという。

 現状のネットワークスライシングはこのように、まだ理想とする機能には完全に到達していない状況だ。