全2543文字
PR

 新型コロナウイルス対策で在宅時間が増えたために、子供がスマホやタブレットを触る時間が増えている。自分のデバイスを持たない子供に親のスマホやタブレットを時々貸して使わせている家庭も多いと思うが、当然ながらその間は親が利用できない。在宅ワーク中の親にとっては大きな痛手だ。また大人用のデバイスを子供に使わせると、操作ミスで課金してしまったり、触れて欲しくない情報を目にしたりする可能性がある。

 これを機に、子供に専用のスマホやタブレットを買い与えることを検討している人も多いだろう。しかし専用にしてしまうと、使いすぎや不適切なコンテンツへの接触が不安だ。フィルタリングやペアレンタルコントロールも細かな設定が必要で難しい。

 こうした事情から筆者は、あらかじめ子供用にチューニングされたスマホやタブレットに注目している。今回、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)が発売したFire HD 10タブレットの子供向けモデル「Fire HD 10 キッズモデル」を試用する機会があったので、親の視点を中心にレビューしていく。

Fire HD 10 キッズモデル(ブルー)
Fire HD 10 キッズモデル(ブルー)
(撮影:鈴木朋子、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
本体サイズは縦292×横206×高さ26ミリ。重量は約778グラムで、片手持ちには重い
本体サイズは縦292×横206×高さ26ミリ。重量は約778グラムで、片手持ちには重い
[画像のクリックで拡大表示]

カバーと子供向けコンテンツ1年分が付属

 Fire HD 10 キッズモデルには、キッズカバーと子供向けコンテンツ「Amazon FreeTime Unlimited」、そして「2年間限定保証」が付属している。

 カバーはクッション性があり、背面にあるスタンドを使ってタブレットを立てて使える。「2年間限定保証」は一定の条件はあるが、タブレットが破損、故障しても無償で交換してくれるサービスだ。10.1インチディスプレーのタブレットは、子供の手には大きく重い。何かの拍子に落としてしまう可能性が高いので、このカバーと保証制度はうれしいポイントだ。

カバーの背面にはスタンドが収納されている。カメラは前後とも2メガピクセルだ
カバーの背面にはスタンドが収納されている。カメラは前後とも2メガピクセルだ
[画像のクリックで拡大表示]
スタンドを使って本体を立てたところ。側面に電源ボタン、USB Type-Cポート、マイク、イヤホンジャック、音量ボタンがある
スタンドを使って本体を立てたところ。側面に電源ボタン、USB Type-Cポート、マイク、イヤホンジャック、音量ボタンがある
[画像のクリックで拡大表示]
膝に乗せて使う場合はこのような立て方もできる
膝に乗せて使う場合はこのような立て方もできる
[画像のクリックで拡大表示]