全2583文字
PR

 最近、高性能パソコンの一部を「ゲーミングPC」あるいは「クリエーターPC」と呼ぶメーカーが増えてきた。どちらもハイエンドに近いCPUや、高性能なグラフィックスボードを搭載しており、一般ユーザー向けのスタンダードなパソコンと比べ処理性能はワンランク上と言っていい。

 ゲーミングPCとクリエーターPCは、スペックや価格だけを見ると同じような位置付けの製品に見えるが、この両者を分かつポイントは何か。それぞれはどのような分野に秀でており、どのようなユーザーに向いているのか。今どきのパソコンを理解する上で重要なキーワードとして、今回は「ゲーミングPC」と「クリエーターPC」を取り上げる。

ノートパソコンでも、ゲーミングPCやクリエーターPCと呼ばれるモデルが増えている
ノートパソコンでも、ゲーミングPCやクリエーターPCと呼ばれるモデルが増えている
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

強力なグラフィックス機能でゲームが快適動作

 まずはゲーミングPCについて解説しよう。

 ゲーミングPCは、簡単にまとめると「PCゲームを快適にプレイするためにさまざまな工夫を凝らした、最新のPCゲームを楽しみたいユーザー向けのパソコン」である。

 最近のPCゲームは、精細な3Dグラフィックスを多用したリアルな映像表現にこだわっているため、特にグラフィックス機能に対する要求度が高い。そのためゲーミングPCは、性能の低いCPU内蔵GPUを利用せず、強力なGPUを搭載するグラフィックスボードを別個に組み込んでいる。

 GPUは「Graphics Processing Unit」の略で、画面描画に関する処理を一手に引き受ける専用プロセッサーのことである。

 GPUメーカー大手の米エヌビディア(NVIDIA)や米AMDの高性能GPUは、グラフィックス処理性能が高いのはもちろん、リアルなグラフィックスを表示するためにさまざまな機能を搭載している。最新ゲームのリアルな3Dグラフィックスをスピーディーに表示するには、こうした高性能なGPUが欠かせない。

ゲーミングPCは、エヌビディアやAMDの高性能GPUを搭載する
ゲーミングPCは、エヌビディアやAMDの高性能GPUを搭載する
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]