全2565文字
PR

 「ノートパソコンの内蔵バッテリーは、付属する専用のACアダプターを使わないと充電できない」と思っていないだろうか。事実、現行のノートパソコンには必ず専用のACアダプターが付属しており、多くのユーザーはそれを使って充電しているはずだ。

 しかし「USB PD」という規格に対応したノートパソコンが増えていけば、そうした常識も過去のものになる可能性がある。そこで今回は、今どきのパソコンを理解する上で重要なキーワードとして、USB PDについて解説する。

USB PDに対応するノートパソコンは、USB Type-Cポートを利用して充電できる
USB PDに対応するノートパソコンは、USB Type-Cポートを利用して充電できる
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

ノートパソコンの充電にも対応する大出力の給電機能

 USB PDは「USB Power Delivery」の略で、USBポートを経由した給電機能を指す。

 もともとUSB規格には、「USBバスパワー(USB bus power)」と呼ぶ給電機能が盛り込まれていた。ただしUSB 2.0なら電流500mA/5V(2.5W)、USB 3.0でも電流900mA/5V(4.5W)までという制限があり、キーボードやマウス、USBメモリーなど消費電力が低い周辺機器を動作させるためのものだった。

 これに対してUSB PDは5/9/15/20Vという4種類の電圧に対応したほか、合計で100Wという大きな電力を供給できる。ACアダプターによる給電がないと動作できなかったタイプの周辺機器も、USBケーブル1本で使える。

 そして最大100Wという大きな電力を扱えるようになったため、USBでノートパソコンのバッテリーを充電可能になった。

 出張や旅行に、ノートパソコンやスマートフォンなど複数のデバイスを持って行くユーザーは多いだろう。こうしたケースで、以前ならばスマートフォンやタブレット用のUSB充電器のほか、ノートパソコン用のACアダプターを持ち歩かなければならなかった。

 しかしノートパソコンがUSB PDに対応していれば、USB PD対応の充電器1台でスマートフォンとノートパソコンの両方を充電できる。旅行や出張時の荷物を減らせるわけだ。

アンカージャパンが販売するUSB PD対応充電器「PowerPort Atom PD 2」は2つのUSB Type-Cポートを搭載し、合計で60Wまで出力できる。Amazon.co.jpでの販売価格は3990円(税込み)
アンカージャパンが販売するUSB PD対応充電器「PowerPort Atom PD 2」は2つのUSB Type-Cポートを搭載し、合計で60Wまで出力できる。Amazon.co.jpでの販売価格は3990円(税込み)
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]