全6430文字
PR

様々な経営者に取材していると、入山さんが言われた文脈で「コロナはタイムマシンだ」とおっしゃる方がいます。「いや応なく、未来を先取りしなければならなくなった」と。

 おっしゃる通りだと思います。繰り返しですが、未来を見据えた企業は生き残り得る。ただし、未来は不確実性が高いので誰も「正解」は分からない。だからこそ、経営者それぞれ、企業それぞれ、社員それぞれが自分自身で未来の在り方を考えて、自分なりに腹落ちすべきなのです。今回をその機会にすべきでしょう。

長期ビジョンに加えて、企業が今考えなければならない点は?

 短期的には不況への対応があります。他方で、より中長期でのキーワードはやはり「ソーシャルディスタンス」でしょうね。ソーシャルディスタンスが今後、どの程度、社会に根付いていくのかは議論の余地がありますが、僕はある程度は残るだろうとみています。例えば、リモートワークや在宅勤務を進めるべきだという意見はコロナ前から言われていたわけですが、企業の中には「今回のコロナ騒動でやってみたらできてしまった」というところも多いはずです。だとすれば、この趨勢は少なからず残るでしょう。

 そこでポイントになるのは従業員のエンゲージメントです。そしてエンゲージメントのために重要なのは、繰り返しですが未来の方向性や会社の目的・存在意義への「腹落ち」であり、それを社員ともどもが「共感」することです。僕は、今回のコロナを契機に企業が「管理型のマネジメント」から「共感型のマネジメント」に変わる傾向が加速すると思います。逆に言えば、「腹落ち・共感」と「ソーシャルディスタンス」のバランスの取り方が重要になってきます。

 リモートワークが進む世界では、従業員の帰属意識は中長期的には確実に薄れるはずです。ひたすら自宅で仕事して、成果だけをオンラインで共有するようになれば、「自分はどの会社で働いているのか」というアイデンティティーがどんどん薄くなっていくでしょう。

 逆に、管理職は従来型の部下の労務管理が難しくなる。無理だと言ってもいいですよね。リモートになったら、部下がどこで何をしているかなんて分かりませんから。一部では、「1分1秒単位で部下がどこでどんな仕事をしているか把握できる管理ソフトウエアが必要だ」なんていう人がいるようですが、人権や個人情報を重視する日本ではあり得ない。従業員もそういう会社では働きたくないですから、長続きするわけがない。つまり、仮にリモートワークが定着した社会・企業では、「管理」をしようと思ってもできないんです。

 そうなると、重要なのは「腹落ち・共感」です。いかにして会社の方向に共感し、それをベースにした自分のやっている仕事の意義に腹落ちしてもらえるかが大事になってくる。繰り返しですが、コロナ前からイノベーションには共感・腹落ちが必要だったわけですが、やはりこの流れが加速するわけです。