全1976文字
PR
セミナー
コロナで炎上、それ本当?~計算社会科学でSNSデマを解き明かす! 6/3 18時

 DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む日本企業がレガシーシステムの活用に悩んでいる。レガシーシステムが抱えるアプリやデータを活用したいが、抜本的なレガシー解体やモダナイズの負担が重くて踏み切れないからだ。API(アプリケーションプログラミングインターフェース)を介した連携は、そうした膠着状態を打開する一手になり得る。

「データを直接触りたくない人向け」

 「マイクロサービス化の進展に伴い、機能をインデックス化してAPIで連携する手法が注目されてきた」。NECの弘中健太郎サービス&プラットフォームSI事業部長代理は、昨今のAPI連携の盛り上がりをこう説明する。

 レガシーシステムが保有する機能に対してAPIを開発し、それをアプリから呼び出すことで、レガシーシステムに手を加えることなくDXへの活用を図れる。

 「API化はSoRにあるデータを直接触りたくない人向けのソリューション」。日本IBMの平岩梨果グローバル・ビジネス・サービス事業部クラウド・アプリケーション・イノベーションSenior Certified Architectは、API連携の用途をこう話す。

 SoR(Systems of Record)とも呼ばれるレガシーシステムのデータを活用するには、そのデータに直接アクセスする方法もある。ただし、セキュリティーやアクセス負荷などの懸念から、直接アクセスを避けたいケースはある。API連携であれば、APIゲートウエイの機能を介してAPIのバージョンやアクセス権の管理、流量制御などを行いながら既存の機能やデータにアクセスできる。

 レガシーシステムをAPI連携するには、まず既存の機能やデータの中から有用なものを選定する必要がある。ベンダーはこうした棚卸し作業に役立つツールを用意するので活用したい。

 例えば米IBMは自社メインフレーム上の資産に対し、情報を収集して見える化する「Application Discovery & Delivery Intelligence(ADDI)」を提供。VSAMやIMS、CICSやDB2、ジョブスケジューラーなどを情報源に、システム環境や稼働実績などをリポジトリーに集め、様々な分析ができる。

米IBMの「Application Discovery & Delivery Intelligence(ADDI)」「z/OS Connect」の概要
米IBMの「Application Discovery & Delivery Intelligence(ADDI)」「z/OS Connect」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 ADDIでメインフレームにある必要な機能やデータを見極めたら、「z/OS Connect」でAPI連携できるように開発する流れだ。メインフレーム上のJava環境で動くz/OS Connectは、CICSやIMS、MQやDB2、バッチなどへRESTful APIでのアクセスを可能にする。