全4789文字
PR

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、米国と中国の対立が深まっている。その主戦場の1つがワクチン開発だ。製薬業界で、新しい医療用医薬品(先発医薬品=いわゆる新薬)を生み出した経験を持つのは、これまで欧州や米国、日本ばかりだった。しかし中国は近年、新薬の研究開発力を飛躍的に高めている。COVID-19についての理解は十分ではなく、どのワクチン開発についても「確実に成功する」とはいえない中で、中国が米国に先んじてワクチン開発に成功するかもしれない。米中の力関係に影響を及ぼし得る。

(出所:123RF)
(出所:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 「最初にワクチン開発に成功した国が世界に先駆けて、その国の経済と世界的な影響力を回復するだろう」――。2020年4月末、米国で医薬品の審査・承認を担当する米食品医薬品局(FDA)の前長官であるスコット・ゴットリーブ氏は、COVID-19に対するワクチン開発の重要性について、こう見解を述べた。

 米国がワクチン開発に血まなこになるのは、世界で最も感染者数の多い自国民を救うのにとどまらず、ゴットリーブ氏が言及したように、世界の覇権争いの行方を左右すると考えるからとみられる。とりわけ意識するのが、中国だろう。米トランプ大統領が「中国ウイルス」と連呼するほどに“敵視”するのが中国だ。

 一昔前であれば、創薬大国の米国に中国がワクチン開発で先着する可能性はゼロだった。これまで中国が得意としてきたのは、漢方薬や後発医薬品(特許切れした先発医薬品と同等の医薬品)の開発・製造であり、新薬の研究開発経験はほとんどなかったからだ。しかし、「過去10年で、中国の新薬の研究開発力は飛躍的に高まっている」と製薬業界の関係者は口をそろえる。世界に先駆けて、中国がCOVID-19のワクチン開発に成功する可能性がある。

新薬やワクチンの創薬で存在感増す中国

 これまで中国は、海外留学から帰国した研究者などに多額の研究費を投じ、大学・研究機関のレベルの底上げを図ってきた。近年は、最先端の細胞医薬や遺伝子治療などを含め、新薬の研究開発を手掛ける中国のベンチャー企業が続々誕生。中国政府が、医薬品の規制をグローバルの規制に近づけたり、医薬品の臨床試験の環境を整えたりしたこともあり、中国企業は、「中国での後発医薬品の開発」から、「世界での先発医薬品の開発」へと軸足を移している。

 19年11月には、ベンチャー企業の中国・百済神州(BeiGene)が、米国で、悪性リンパ腫というがんの治療薬「BRUKINSA」(zanubrutinib)の承認を獲得。先端的な創薬技術や開発力が求められるがん領域の新薬を、中国企業が生み出せることを世界に印象付けた。