全5113文字
PR

 新型コロナウイルス感染の危険に身をさらしながらも、懸命に働いているのが最前線にいる医療従事者である。その支援のために、人となるべく接することなく診断できる機器やサービスが米国の医療施設で急速に普及している。そのための武器となるのが、ロボットやAR(拡張現実)だ。さらに、医療施設に行かなくても自宅で新型コロナ感染の予兆を測定する機器やアプリにも注目が集まる。医療施設への不要な往来を減らして利用者の感染リスクを抑えるだけでなく、医療現場の負荷を軽減できる。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中