全1603文字
PR

横浜市は新設する橋の桁下高として、航路限界である3.5mを確保。約100m上流に架かる既設の橋桁に書いてあった「桁下3.5m」という表示などを参考にした。ところが、桁の架設直後に観光船の運航会社が「船が橋をくぐれない」と訴えた。なぜこんな事態になった?

 横浜市が2020年3月18日、同市みなとみらい21地区の運河に歩行者デッキ「女神橋」の橋桁を架設したところ、桁下高が低くて観光船が通れなくなった。

横浜市みなとみらい21地区に建設中の女神橋。高さ3.5mの航路限界を確保した。2020年3月下旬に撮影(写真:日経クロステック)
横浜市みなとみらい21地区に建設中の女神橋。高さ3.5mの航路限界を確保した。2020年3月下旬に撮影(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
女神橋は景観を重視して、橋桁を薄く、低く設計した(写真:日経クロステック)
女神橋は景観を重視して、橋桁を薄く、低く設計した(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
歩行者デッキとして計画
歩行者デッキとして計画
女神橋の完成予想図(資料:横浜市)
[画像のクリックで拡大表示]

 女神橋はカップヌードルミュージアム横浜と国際会議場のパシフィコ横浜との間をつなぐ長さ75m、幅6.8mの単純鋼床版箱桁橋だ。周辺の歩行者の回遊性を高めようと、市が計画した。4億円の事業費を国と市が折半する。

 設計はオリエンタルコンサルタンツが実施。施工は橋台と基礎を東亜建設工業が、上部構造をJFEエンジニアリングがそれぞれ担当する。JFEエンジニアリングが橋桁を架設した当日、横浜港内で観光船を運航するシャイニークルーズ(横浜市)が「女神橋をくぐれない」と訴え、事態が明るみになった。

 シャイニークルーズによると、潮位が1.3mを超えると通れなくなるという。同社はこれまで通り運航できるよう市に是正を求め、市民から署名を募るに至った。