全1231文字
PR

 土木構造物の生産性の向上に資する設計の考え方を示したもの。1996年6月に定められ、2019年3月に改定された。1996年当時は「標準化」の考え方を中心にしており、構造物のライフサイクル全体の省力化などによって建設費の削減を図ることを主な目的としていた。その後、労働者の高齢化や熟練技能工の不足が深刻になるなど、生産性の向上がますます求められるようになってきた。一方、現状では多くが建設現場ごとに最適化を図る設計が基本になっている。そこで、フロントローディングの考え方を導入し、全体最適に基づく設計が可能になるよう改定。建設事業全体のプロセスと一連の事業区間における生産性がさらに高まるよう、設計の考え方を示した。施工の効率化に役立つ技術やプレキャスト製品の活用などを、設計段階で明示する。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

[緊急出版]アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

Amazonランキング第1位(企業経営一般関連書籍、5月13日〜21日)

 自動車、IT、建設など主要9業界を徹底取材し新型コロナの影響を分析。非接触技術の最新情報、オフィスの未来、制約条件下での新たなイノベーションなど7つのトレンドを徹底解説。30人の論客による予測も。

『アフターコロナ』の詳細はこちら

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2020年版

東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする竣工予報データの最新版!

東京23区内および横浜市で進行中の大規模開発プロジェクト(延べ面積1万平米以上)354件の詳細データを収録。いつ、どこで、どんな開発が行われるかをExcelのデータで自在に検索できます。

詳細はこちら

東京大改造マップ2020-20XX

東京大改造マップ2020-20XX

23区・横浜で進む大規模開発を網羅、総数354件!

東京五輪を機とした様々なインフラの整備、国の中枢として避けることのできない国際的な都市間競争への対応、その先に求められる成熟のために急ピッチで進む東京の都市改造をレポートする好評シリーズの第7弾。

詳細はこちら