全2091文字
PR

 ビデオ会議や画面共有などの機能を備えるWeb会議ツールはテレワークでの協調作業に不可欠だ。ビジネス利用に向く主要なWeb会議ツールを取り上げ、特徴的な機能や便利な使い方を紹介する。今回は米グーグル(Google)の「Google Meet」を取り上げる。

 Google Meetは米グーグルが提供するWeb会議ツールだ。他の一般的なWeb会議ツールと同じく、Webブラウザーやスマートフォンアプリで、クラウド上のサーバーにアクセスし利用する。

2020年5月に無料版が登場

 Google Meetには無料版と有料版がある。このうち無料版は2020年5月から順次利用できるようになった。

 従来、個人向けのWeb会議ツール「Googleハングアウト」を無料で提供していたが、今後は法人向けと同じ水準のサービスを個人が無料で利用できる。

 有料版はGoogle Meetだけの契約ができない。オフィス統合ソフトのクラウドサービスである「G Suite」か、GmailやGoogleカレンダーといった機能を省いた「G Suite Essentials」を契約する必要がある。Google Meetはどちらにも含まれる。

 以下の表で、Google Meetの無料版と、G Suite Essentialsのエディション別の価格と付加機能を示す。なおG Suite Essentialsは2020年9月30日まで販促キャンペーンで無料だ。

Google Meetの料金体系
プラン無料版G Suite Essentials
G Suite Enterprise Essentials
価格(税別)無料1アクティブユーザー当たり月額10ドル
(2020年9月30日まで無料)
1アクティブユーザー当たり月額20ドル (2020年9月30日まで無料)
会議参加者100人まで150人まで250人まで
会議時間60分まで
(2020年9月30日までは24時間まで)
300時間まで300時間まで
付加機能24時間365日のオンラインサポートなど会議の録画・Googleドライブへの保存など
(出所:米グーグルの資料を基に日経クロステック作成)

 G Suite Essentialsの料金は1アクティブユーザー当たり月額10ドルからだ。アクティブユーザーとは実際にGoogle MeetでWeb会議を主催したユーザーなどを指す。月ごとのアクティブユーザー数に応じて従量課金する仕組みだ。

 Web会議の主催者は必ずアカウント登録する必要があるが、会議に招待されて参加するだけのゲストユーザーはアカウント登録の必要がなく、課金対象のアクティブユーザー数に含まれない。1アクティブユーザーの料金で多人数が参加する会議を開催することも可能だ。

 GmailやGoogleカレンダーも含むG Suiteは「Basic」「Business」「Enterprise」という3つのエディションがあり、1ユーザー当たり月額680~3000円(税別)だ。こちらは契約ユーザー数に応じた固定料金になる。