全3575文字
PR

 新型コロナウイルス対策として、人工知能(AI)を使って肺のコンピューター断層撮影装置(CT)画像を解析するシステムが注目を集めている。

 厚生労働省は2020年6月3日、新型コロナに関係する医療機器として、AIを用いた肺画像解析プログラムの製造販売を承認した。同解析システムはAIを実装した医療診断支援機器の研究開発・製造・ライセンス事業を手掛けるCESデカルトの商品である。2015年に創業した中国のAIスタートアップ企業、インファービジョン(Infervision)が開発した。

 同日、ソニーの関係会社で医療情報サービスを手がけるエムスリーは、胸部CT画像から新型コロナによる異常領域が存在する可能性を見つけだし、医師の診断を支援する画像解析ソフトウエアの製造販売について、厚労省に承認申請した。中国のアリババ集団が開発したAIアルゴリズムを活用するソフトだ。

 厚労省は新型コロナ関連の医薬品や医療機器については他の医薬品や医療機器よりも優先して審査している。CESデカルトのシステムは5月12日に承認申請し、1カ月足らずで承認に至った。エムスリーのシステムも6月中には承認されるとみられる。

数千の新型肺炎の画像で「学習」

 両システムとも新型コロナ肺炎の画像を含む肺部の画像データをAIの深層学習を用いて大量に学習させる手法を使って開発した。インファービジョンのAIは中国・武漢市内の複数の病院から2000を超える新型コロナ肺炎患者の画像データを学習させた。アリババのAIは3067例の新型コロナ肺炎の検査画像データを含む7038例の検査画像データを学習データとして用いた。

 インファービジョンのAIは肺のCT画像を読み取り、ウイルス性肺炎が疑われる部分を2分程度で見つけ出し、分布している体積なども参考情報として表示する。もともと肺炎診断を支援する機能として開発したAIアルゴリズムに、新型コロナ肺炎患者の肺画像を学習データとして多く読み込ませたため、新型コロナに感染した可能性を表示できる。

インファービジョンが開発したAIを搭載したCESデカルトの肺画像解析システム
インファービジョンが開発したAIを搭載したCESデカルトの肺画像解析システム
(出所:CESデカルト)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年5月初め、インファービジョンが開発したAIについて、性能試験が実施された。複数の放射線科専門医が国内で撮影された174例の胸部CT画像データを使った。画像データは通常の肺炎やウイルス性肺炎などのもので、新型コロナ肺炎のものはない。

 「医療現場では短時間で読影を頼まれたり、大量の画像を一度に扱わなければならなかったりする場合が多いため、AIを使った画像診断支援システムは医師の負担軽減に役立つ。今後も国内で実際の症例を使った検証が必要だ」。性能試験に参加した獨協医科大学病院放射線部の久保田一徳教授はAI画像診断についてこう話す。