全2087文字

 「AIホスピタルシステム」の社会実装に向けた取り組みが動き出した。

 AIホスピタルシステムとは、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)、ビッグデータなどを活用して、高度で先進的な医療を提供するとともに、医療従事者の負担の軽減や病院の効率化を目指すシステムである。医療現場で使う様々なAIソフト(以下、医療AIソフト)を集約するプラットフォームを構築し、2020年秋にはモデル事業を開始する予定だ。

 日本医師会と日本ユニシス、日立製作所、日本IBMの4者は2020年6月10日、内閣府の研究開発事業「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の社会実装のためのプロジェクトに取り組むと発表した。

 AIホスピタルは内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期(2018年度~2022年度)の1つとして採択され、既に実証に向けた研究開発が進んでいる。前述の4者以外にソフトバンクと三井物産も協力参加機関としてプロジェクトに加わり、2022年の社会実装を目指している。

使いたい医療AIソフトを使える世界へ

 民間企業5社は医療機関や民間の検診センター、保険会社などが利用できる「プラットフォーム」を開発する。具体的には医療AIソフトを1カ所に集約する基盤である。今、肺のCT(コンピューター断層撮影装置)画像などをAIで解析するソフトや、パソコンやスマホで「AIアバター」を使って個人の症状などを質問し、医療機関の受診に関するアドバイスをするソフトなどが使われ始めている。

 こうした医療AIソフトを新たな基盤はどう集約するのか。「スマホ画面のように使いたいソフトを使いたいときに使える基盤をイメージしている」。内閣府の中村祐輔プログラムディレクターはこう明かす。

 「ユーザーはプラットフォームの中にたくさん並んだ医療AIソフトの中から自分たちに合ったものを使える」(中村ディレクター)。基盤はAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を開放し、各医療AIソフトがデータ連携できるようなサービス基盤となる予定だ。

「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の医療AIプラットフォームの概要
「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の医療AIプラットフォームの概要
(出所:日本ユニシス、日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 同時に、臨床現場をよく知る医師などが医療AIソフトを開発しやすい環境も整える。プラットフォーム上で教師データになるような臨床データを提供する方針だ。

 基盤を作るに当たっての焦点の1つが、患者のデータの取り扱いである。「医療機関などのユーザーが送り、AIで解析したデータはプラットフォームには残さず、解析結果のみをユーザーに送る仕組みを検討している」と中村ディレクターは話す。開発基盤もデータは開発者には渡さず、開発者がプラットフォームに来ればデータを利用できるようなアーキテクチャーを考えているという。