全2437文字
PR

 本特集シリーズの記事「DX時代のITアーキテクチャー、7階層ですっきり理解」では、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)を支えるITアーキテクチャーの全体像を整理した。

DX時代に必要となるITアーキテクチャーの全体像(再掲)
DX時代に必要となるITアーキテクチャーの全体像(再掲)
(出所:野村総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、この一般的な全体像があらゆる業種・業界にそのまま適用できるわけではない。業界ごとに異なるニーズや課題を洗い出し、古いシステムとの共存に配慮しつつ、自社に合ったITアーキテクチャーを描く必要がある。

 そのためには、自社に最適なシステムの構想を練り、全体の設計図(グランドデザイン)を描く――いわゆる「超上流工程」が重要だ。

 本記事では企業のデジタルビジネス要件に合致し、DXを推進するITアーキテクチャーとその「超上流工程」をまとめて「デジタルアーキテクチャー構想」と呼ぶ。DX推進のために求められるものと、現状のシステムの間にはギャップがある。デジタルアーキテクチャー構想によって、これを解消することを目指す。

DXで求められるものと現行システムの抱える課題
DXで求められるものと現行システムの抱える課題
[画像のクリックで拡大表示]

個別最適では対応できない! あるべき全体像を描こう

 DX時代にはITシステムがビジネスに対して担う役割が増していく。そしてビジネスのニーズに対応するには、ITシステムに「アジリティー、スピード」と「データ活用」が求められる。

 「アジリティー、スピード」は、ビジネスの変化に迅速に追随できることを指す。特に、顧客(一般消費者)向けのサービスを実現する「ビジネスIT」の領域では、市場の変化に合わせて迅速にシステムを改修する必要がある(「ビジネスIT」については本特集シリーズの過去記事を参照)。顧客の潜在的要求にいかに早く対応できるかが、競争力を高め、DX時代のビジネスを勝ち抜く鍵となる。

 「データ活用」は、部門や企業の垣根を越えて、データを使いたいときに使える状態を指す。近年はAI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)の発展により、あらゆる情報の収集・分析が可能となってきた。これまでのデータ活用は、主に経営情報やリスク管理、業務改善を目的としていたが、近年はサービスの高度化や新たな価値創造がターゲットとなりつつある。データは、DX時代のビジネス競争力の源泉といえるだろう。

 こうした「アジリティー、スピード」や「データ活用」機能を備えるITアーキテクチャーは、部門やシステムごとの個別最適では実現しにくい。

 例えば、「企業内の1つのシステムだけでスピードとアジリティーの向上に取り組んでも、他システムとの接続部分の対応が間に合わない」などのケースが考えられる。「あるサービスでデータ活用を進めても、他サービスのデータがタイムリーに更新されないため、中途半端な分析しかできない」といったケースも珍しくない。システムごとの取り組みにとどまらず、企業全体のITアーキテクチャーを見据え、システム全体がビジネスの足かせにならない状態を目指す必要がある。

 企業全体の新システムの全体像を描き、実現に向けてロードマップを決めて関係者間で合意を得るには、デジタルアーキテクチャー構想という「超上流工程」が欠かせない。