全2047文字

国立競技場は工期順守を最優先とするプロジェクトだった。本当に五輪に間に合うのか。そうした世間の不安を拭うべく、設計・施工担当者らは準備を徹底して難事業に挑んだ。

国立競技場のスタンド。観客席は「木漏れ日」をイメージして5色の椅子をランダムに配置。その配列には「グラスホッパー」を使用した(写真:吉田 誠)
国立競技場のスタンド。観客席は「木漏れ日」をイメージして5色の椅子をランダムに配置。その配列には「グラスホッパー」を使用した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年12月15日、国立競技場のフィールドで竣工式が開かれた。工期は36カ月。発注者の日本スポーツ振興センター(JSC)が公示段階で20年4月末としていた事業期限よりも5カ月前倒ししたスケジュールだ。施設の規模からすれば、異例のスピードといえる。

竣工式の様子。左側から順に隈研吾氏、梓設計の杉谷文彦社長、大成建設の山内隆司会長が並ぶ(写真:吉田 誠)
竣工式の様子。左側から順に隈研吾氏、梓設計の杉谷文彦社長、大成建設の山内隆司会長が並ぶ(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しい国立競技場は地下2階・地上5階建てで、延べ面積は約19万2000m2。水平ラインを強調する軒庇には木材をふんだんに使い、約60m跳ね出した大屋根で約6万席のスタンドを覆った。

 完成後は19年12月にオープニングイベント、20年1月にサッカーの天皇杯決勝戦などで利用され、多くの観客を沸かせた。夏には東京五輪のメインスタジアムとして使われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で五輪は延期となった。世界に披露できる機会は少し先になりそうだ。

完成形に近い提案の密度

 JSCが公募型プロポーザルを行い、優先交渉権者(事業者)に大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体(JV)を選定したのは15年12月のこと。同年8月に、政府がザハ・ハディド氏による旧案を白紙撤回した経緯もあり、事業に対する世間の目は厳しかった。

設計作業が終わらないうちに準備工事を開始。完成に間に合わせるため、検査なども19年5月ごろから部分的に始めた(資料:JSC資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
設計作業が終わらないうちに準備工事を開始。完成に間に合わせるため、検査なども19年5月ごろから部分的に始めた(資料:JSC資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 「完成した国立競技場は、技術提案書のパースとほぼ同じ姿だ」「工程に大きな狂いはなかった」。関係者を取材すると、皆口々にそう答える。それほどJV3社は提案時点から「フロントローディング」で計画を突き詰めて提案に盛り込んでいたのだ。

 とはいえ、契約締結してからが本番だ。完成時期から逆算すると設計に費やせるのはわずか1年足らず。意匠設計の担当者らは、16年2月ごろから関係団体との協議を本格的に始動した。サッカーや陸上などの各種競技、メディアへの対応、その他にユニバーサルデザインやドーピング、セキュリティーなど調整すべきテーマは多岐にわたった。

 一方、施工担当者らも、設計図面の完成を待たずに施工図の作成を開始した。施工図で納まりに無理があると分かれば、すぐさま設計図面に問題点がフィードバックした。着工後はJSCと、JVの設計や工事監理、施工などの各関係者が毎週設計変更の内容を打ち合わせ、コストを繰り返し確認した。現場は夜まで熱気に包まれ、戦場のような慌ただしさだった。