全1046文字
PR

国立競技場では、スタンドの臨場感や、周辺環境との調和、安全性など様々な条件が求められた。そこで採用した技術について3回に分けて紹介していく。1回目はスタジアム設計に活用した新開発プログラムを解説。2回目となる今回は、外観の印象を決めた「軒庇」のこだわりをディテール図と共に伝える。

 ザハ・ハディド氏の旧案は、コストや工期の試算が膨らんだことに加え、巨大なスケールで、世間の不信を買ったことも中止の1つの引き金となった。日本スポーツ振興センターは2015年9月に提示した業務要求水準書で、基本的な考え方に「周辺環境と調和し、最先端の技術を結集し、我が国の気候・風土・伝統を現代的に表現する」ことを掲げた。

 「旧案の中止で茫然自失となったとき、明治神宮に足が向いた。そこで“生命の大樹”というキーワードが思い浮かび、再びチャレンジする闘志が湧いた」。旧案の設計から携わった梓設計アーキテクト部門BASE03の田川伸明主幹はそう語る。

 大成建設と梓設計、隈研吾建築都市設計事務所の3社が集まって検討を始めた時、外苑の緑や木をコンセプトの中心に据えることに異論を唱える者はいなかった。より伝わりやすいフレーズとして、“杜(もり)のスタジアム”と名付けたのは隈研吾氏だ。

 デザイン検討の過程では、プロポーザルで伊東豊雄氏らが提出したような、外周柱で垂直性を強調した案も挙がったという。

 「垂直型と水平型の両方を検討した。だが、太い柱を用いつつ垂直型にすると、周囲への圧迫感が拭えなかった。最終的に4階から上の柱を内側に傾けて、軒庇で水平性を強調する形で決まった」と、大成建設設計本部建築設計第二部の川野久雄部長は説明する。最上部の大庇はスタンドに風を導くフィンの役割も果たす。

北西側から見た外観。5階が敷地周辺の木の高さと重なる。5階の回廊「空の杜」では、ガラス手すり外側に下垂するタイプの緑を植えたプランターを置き、内側に中低木など近づいて楽しむ緑を配置した(写真:吉田 誠)
北西側から見た外観。5階が敷地周辺の木の高さと重なる。5階の回廊「空の杜」では、ガラス手すり外側に下垂するタイプの緑を植えたプランターを置き、内側に中低木など近づいて楽しむ緑を配置した(写真:吉田 誠)
[画像のクリックで拡大表示]