全1070文字
PR

 ソフトバンクは、約1万5000人が勤務する東京・汐留にある本社の1階エントランスにAI(人工知能)温度検知ソリューションの端末20台を、2020年3月に試験導入した。顔認証でセキュリティーゲートを開閉するのと同時に非接触で検温する。

 顔認証と検温に要する時間はわずか0.5秒。社員は、マスクを着けたまま、認証や検温を気にする様子も無く通過していく。社員以外や発熱の疑いがある人が通過しようとするとゲートは開かない。

ソフトバンクは東京・汐留の本社に日本コンピュータビジョンのAI温度検知ソリューションの専用端末20台を試験導入した(写真:ソフトバンク)
ソフトバンクは東京・汐留の本社に日本コンピュータビジョンのAI温度検知ソリューションの専用端末20台を試験導入した(写真:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]
顔認証と検温を同時に実施するAI温度検知ソリューションをセキュリティーゲートに設置したイメージ(写真:日本コンピュータビジョン)
顔認証と検温を同時に実施するAI温度検知ソリューションをセキュリティーゲートに設置したイメージ(写真:日本コンピュータビジョン)
[画像のクリックで拡大表示]

 提供するのは、ソフトバンクの子会社で画像認識技術を持つ日本コンピュータビジョン(東京・千代田、以下JCV)だ。「出社時に社員の検温を義務づける企業も出てきた。だが、検温には時間がかかるため、出社ピーク時には行列ができることもある。AI温度検知ソリューションは、こうした課題を解消する」。JCV営業&マーケティング本部マーケティング部マーケティング課の中島宏幸課長はこう語る。

 AI温度検知ソリューションは、顔認証のデバイスにサーモカメラを組み込んでいる。新型コロナによって生まれた、検温と非接触の認証という新たなニーズに対応する。認証した時刻や体温を自動で記録するので、入力などの手間がいらない。社員の健康管理と勤怠管理が一括でできる。入館証を忘れたり、なりすましが侵入したりするなどの心配も無い。

AI顔認証端末の上にサーマルカメラを組み込んでいる(写真:日経クロステック)
AI顔認証端末の上にサーマルカメラを組み込んでいる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]